ダイエット・健康増進・生活情報館

 

ダイエットの歴史

 

 

ダイエットの女性 
 
 
1967年にイギリスから「ミニの女王」ツィギーが来日し、これまで人気であったグラマーな体型よりも、やせたスタイルの女性の人気が高まりました。
 
この時にツィギーが、はいていたミニスカートが一気に流行するきっかけにもなりました。
 
1970年代には、歌手の弘田三枝子さんのカロリーブックが出版されました。一日の摂取熱量を1500キロカロリーに食事を制限をして、痩せた体験をもとに書かれた本でした。
 
日本人に摂取カロリーの考え方を根付かせるきっかけになったといわれています。
 
1980年代には、リンゴダイエット、ゆで卵ダイエットなどが流行しました。
 
1983年に米国の兄妹ポップス・デュオのカーペンターズのカレン・カーペンターが拒食症で死亡したことで、拒食症が社会問題化されました。
 
2000年代以降は、ダイエットサプリメントなどが流行しました。
 
ダイエットが流行することで、行き過ぎ、やせすぎて健康被害が発生するようになりました。
 
そこで、厚生労働省は、健康日本21を立ち上げて、むやみにやせることの危険性を訴え、食べ物や栄養の必要性の啓蒙活動をしましたが、あまり認知されませんでした。
 
現在、日本人女性の8人に1人が、やせすぎ、戦後の食糧難の時代よりも悪い状態になっています。現在のケニアと同レベルといわれています。

 

医学会も警鐘を鳴らしている

 

過度なダイエットは、骨が弱り骨粗鬆症を引き起こします。
 
また、女性ホルモンの分泌が悪化して、卵巣機能の低下を招き妊娠しにくい体質になり、生まれても障害児が生まれる可能性が高くなります。
 
更に記憶力の低下をも起こします。
 
母親のやせすぎは、子どもにも深刻な栄養不足を招きます。昭和26年代の生まれてくる赤ちゃんと比較しても、現在の赤ちゃんは小さく栄養が行き届いていないとの報告もあります。
 
子どもは、学校給食によって、辛うじて栄養を補給していて、家庭での栄養の補給状態は良くないとされています。

   

ダイエットすることへの価値観がアップした

 

食べ物が自由に食べられず、貧困の時代は健康で、長生きしたいという意欲が強かったのですが、食べる物に恵まれた時代になってくると、価値観が変化し、食べ物を制限して痩せることが偉いという思考が増えてきた背景があります。

 

誰でもが簡単にモデルになれる時代

 

ダイエットとモデル 
 
昔は、テレビや雜誌だけの世界でしたが、携帯電話やスマホの普及で一瞬にして自分が被写体、モデルになり他人と比較されるようになりました。
 
また、メタボなどの数値の基準が設定されて、太ることに対して悪いイメージが醸成されたため、やせたほうが良いなどの誤解を生じさせてしまったともいえます。
 
現在の女性の平均摂取カロリーは、1500キロカロリーです。国の推奨する一日の摂取カロリーは、20から30代で2000キロカロリーに設定しています。
 
この2000キロカロリーは、必要最低限で摂取しても太らない範囲とされています。
 
結局、平均で500キロカロリー少ないことになります。
 
極端な方は、1000キロカロリー以下の人もいます。
 
女性の社会進出がすすむにつれ、長時間勤務している女性が増え、食事の時間がなく、栄養不足に問題があります。

 

痩せることが美しく、価値があるとなった背景

 

コマーシャルやマスコミのキャンペーンでは、ダイエット特集が多く、ダイエットに成功した人が称えられる風潮があるのも事実であり、問題といえます。
 
また、読者モデルなど、誰でも雑誌で紹介される世の中に変化してきたことも、ダイエットすることの価値観が高くなったといえます。
 
ダイエットして、美しくなることが、競争になり、もっと痩せなければという強迫観念に襲われている側面があります。
 
これは、男性よりも女性の方が、容姿の評価にさらされる傾向が強いことに起因しているといえます。
 
また、女性のファッションにしても、やせている女性に似合うように作られていて、太ったら着られないデザインになっているのも問題です。
 
女性の気持ちにすれば、やせなければと思ってしまう環境なのです。

   

やせすぎの危険性を認知する必要があります

 

やせすぎると、卵巣機能が落ちて、月経が不規則又は無月経になることがあります。
 
BMIが18.5以下は、卵巣の状況として相応しくないという医師の診断があります。
 
国を挙げて、女性のやせすぎにストップをかけようとしている国があります。
 
フランスでは、BMIが18未満のやせすぎのモデルは、モデルとしての出演やモデル事務所の雇用を禁止する法律が可決するようです。
 
2015年4月に下院を通過して、次に上院を通過すれば可決の見通しです。
 
法律を無視して雇った事務所には、1000万円の罰金もしくは禁錮6ヶ月の罪に処されるそうです。
 
また、同国では、被写体女性の画像を修正すると画像修正義務違反として処分されるため、修正した場合は、修正したことを公表する義務を課しています。
 
ミスアメリカの選考基準は、BMIが20以上に決められています。
 
アメリカでは、健康的でキレイであることが、選考基準になっています。
 
日本では、見かけが、かわいいや少し弱々しい女性に人気があります。
 
NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」のヒロインを演じた米女優シャーロット・ケイト・フォックスは、共演者にキュート(かわいい)といわれ、うれしくなかったと言っていました。
 
アメリカでは、キュートは、子どもに対していう言葉のようです。
 
やせすぎは、若年性の更年期障害の原因となり、一旦症状を起こすと回復が難しいといわれています。
 
また、世間は太っている女性に冷たく、やせている女性には優しい傾向があることも事実です。
 
女性の気持ちも、やせて男性にモテたい、いい人と結婚したいという願望があります。
 
実際に、男性は女性の容姿を一番重視するという回答が22%、女性の資産を重視するは4%と、かなりの開きがあります。
 
でも、体調を壊してからでは、遅すぎで、基本は自己管理が必要です。
 
周囲に惑わされずに、自己肯定感をしっかり持って、自己防衛することが大切です。
 
無理なダイエットには、くれぐれも注意して、健康的なダイエットを心掛けましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   


体に無理のないダイエット法記事一覧

ダイエットの成功者がアドバイスする5つのポイント

ダイエットに成功した人のアドバイスに耳を傾けようダイエットは、簡単にはじめられますが、簡単には成功しません。ダイエットをはじめたものの2、3日で挫折することも多いようです。しかし、ダイエットは、何度でもチャレンジできるのです。ダイエットに成功した人に聞くと、殆どの方が何度も失敗を繰り返して挫折の経験...

≫続きを読む

新年から始める月一回の週末一日断食

月一回の週末一日断食のご紹介つい食べ過ぎたり、飲み過ぎてしまことがあります。食べすぎや飲みすぎは、胃腸に過度な負担をかけます。週末断食はいつでも始められます。年末年始をきっかけに、新年から週末断食を始めませんか。毎日の朝食を抜く「プチ断食」が一時的に流行しました。しかし、昼食や夕飯にも制約があり、ビ...

≫続きを読む

NHK助けて!きわめびと ダイエットコーチEICOさん

ダイエットコーチEICOさんのダイエットあくまでも「好きを活かしてダイエットを成功させる」方法のご紹介です。ダイエットコーチEICOさんは、パーソナルダイエットコーチとして700人を指導してきました。好きなことをしながらダイエット短期間のつらいダイエットは、リバウンドの原因になり、基礎代謝が下がって...

≫続きを読む

体脂肪はココナッツオイルでケトン体ダイエット

体脂肪はココナッツオイルでケトン体ダイエットケトン体ダイエットとは糖質を制限するダイエットです。炭水化物やケーキなどの甘い食べ物を制限するだけで、これ以外の肉や魚などの脂質を制限せずに行うダイエット法です。ケトン体ダイエットの最大の特徴は、体に付いた脂肪を肝臓でケトン体に変換し、これをエネルギーとし...

≫続きを読む

のんびりダイエットは成功 挫折レビー

のんびりダイエットは成功 挫折レビー世の中のダイエット法、その数は数百通りともいわれています。女性であれば、誰でもが一度はダイエットにチャレンジしたことがあるでしょう。食べることは楽しみの一つであり、またお腹が空けば食べたくなるのは本能でもあります。疲れたときに、甘いものを食べたくなるのは、体が糖分...

≫続きを読む

3日坊主でもズボラでも続けられるダイエット

ズボラでも続けられるダイエットダイエットを成功させる心の持ち方、対処法についてです。ダイエットを始めようと決心した時には、ダイエットが成功しスマートになった時の自分を想像してやる気が満々になるものです。しかし、ダイエットは習慣化できるまではとても過酷で、楽しく気持ちの良いものではありません。食べたい...

≫続きを読む

ダイエットに焦りは禁物 自分なりのダイエット法

ダイエットに焦りは禁物イベントを控えて短期ダイエットの心得友人の結婚式やパーティーなどのイベントを控えて、短期集中でダイエットしようと思い立ったときに、やはり確実に結果を出したいものです。短期でダイエットをする時は、その焦りから、結果を求めすぎて、無理をして体調を崩すケースがあります。「急がば回れ」...

≫続きを読む

甘酒のデトックス作用で美肌とダイエット効果

甘酒は美肌とダイエット効果甘酒に美肌とダイエット効果があることがわかりました。江戸時代から引き継がれてきた伝統的な和食は、世界遺産にも認定され、世界各国でも人気が高まっています。和食は、野菜や魚を中心とした構成で、欧米の肉食とは一線を画しています。日本の伝統的な食品には、甘酒、清酒、焼酎、泡盛、しょ...

≫続きを読む

えっ!お酒にダイエット効果!エストロゲンとの関係

お酒とエストロゲンとの関係酒は、百薬の長といわれていますが、少量のお酒にダイエット効果があることがわかりました。これまでに適度なアルコールの摂取は、血行を良くしストレスの解消にもつながる事は広く知られています。また、最近の研究では脳卒中や心臓疾患のリスクも低減することが分かってきました。しかし、飲酒...

≫続きを読む

あなたのダイエット臭は大丈夫?予防と対策

あなたのダイエット臭は大丈夫?「ダイエット臭」をご存じですか?無理なダイエットをすると、代謝の不良により体から悪臭を放ちます。せっかくきれいになるためのダイエットをしても、臭いでイメージを悪くしてしまえば、意味がありません。ダイエットしているあなたは、周囲の人から「あの人に近づくと臭いね」と陰で言わ...

≫続きを読む

食物繊維を取り入れてダイエット効果をグンと伸ばす方法

ダイエット効果をグンと伸ばす方法ダイエットには、タイムリーに食物繊維を取り入れましょう。ダイエットは、空腹感との戦いでもあります。ダイエット中に昼食から夕食の間、朝食から昼食に空腹を感じる事があります。食事の間隔が極端に長くないのに空腹感を感じるとしたら、食事の内容を見直しましょう。食物により消化さ...

≫続きを読む

10日で10kgのダイエットは不可能 短期は太る体質に

短期ダイエットは太る体質に急激なダイエットは、体にダメージを与えます。体重が増えると行動が緩慢になり、運動不足におちいり血行が悪化します。血液は全身の細胞に必要な栄養素と新鮮な酸素を補給します。また、不要となった老廃物を運び去る役割を担っています。血流が悪くなると、この運搬機能が低下するため、細胞の...

≫続きを読む

お風呂上がりのひと手間にダイエットの効果!

お風呂上がりのダイエット法食欲を減らすダイエット法のご紹介です。世の中に紹介されているダイエット法は、300種類以上あると言われています。こんなにたくさんの種類があり、さらに新しいダイエット法が次々と紹介されています。万人に効果の上がるダイエット法が確立されていない裏返しといえるでしょう。しかしなが...

≫続きを読む

「ダイエットに有効」血糖値の上昇を抑えるパン

血糖値の上昇を抑えるパンローソンがトクホパンを作りました。ローソンが一年以内に特定保健用食品、いわゆるトクホの認定を受けたパンを作ると発表していましたが、この度「2枚入り食パン」と「2個入りロールパン」が、トクホに認定されました。本来、炭水化物であるパンは、体内でブドウ糖に分解され、血中に入って血糖...

≫続きを読む

シミを防ぐ栄養素、L-シスチンを含む食品

シミを防ぐ栄養素、L-シスチンを含む食品シミを無くしたい。多くの女性の願いです。薄くならないシミ、できてしまったシミを改善する栄養素のご紹介です。シミの原因として、紫外線や加齢やストレスがありますが、中でも紫外線の影響が一番大きいといえます。ご存じのようにシミは、正式には色素沈殿と呼ばれ、メラニン色...

≫続きを読む

乳酸菌で便秘解消し美肌とダイエット効果の口コミ体験

乳酸菌で便秘解消した口コミ体験乳酸菌がダイエットと美肌に効果の口コミ乳酸菌を活用したダイエットと美肌の体験談集です。参考にしてチャレンジしてください。健康維持に努めたいという人は多いと思います。かく言う私もそうでした。特に便秘がひどかったので、整腸や便秘解消のために何かいいものはないかと、日頃から考...

≫続きを読む

VB6は究極のダイエット/好きな物を食べて痩せる

好きな物を食べて痩せるダイエットと聞くと、食べたい物を食べずに我慢しなければならない辛いものだとイメージしてしまいます。ダイエットに挫折した話は枚挙にいとまがありませんが、今回注目を集めているダイエット法が、好きなものも食べながらダイエットを成功させる「VB6ダイエット」です。有名人がダイエットに成...

≫続きを読む

凄い効果のバターコーヒーダイエット/簡単な作り方

凄い効果のバターコーヒーダイエットアメリカで流行しているダイエット法は、いずれは日本でも人気になります。毎年、様々なダイエット法が考案されていますが、自分に合ったダイエット法が見つかれば、楽しく目標を達成ができるかもしれません。米国の人気歌手ビヨンセが20s以上のダイエットに成功したことで話題になっ...

≫続きを読む

減量できないのは意志が弱いからではありません

減量できないのは意志が弱さではない米国ロックフェラー大学名誉教授、ジュールズ・ハーシュ氏の研究で、「人間は体重が減少するとエネルギー消費を抑える」ことを発見しています。筆者はこの研究結果に納得できる点があります。現在、飢餓で苦しんでいる国もありますが、人類が飽食の時代をむかえたのは、つい最近のことで...

≫続きを読む

すべての人に効果のあるダイエット法など存在しない

誰にでも効果があるダイエット法はないテレビや雑誌で紹介され、身近な人や有名人が成功しているダイエット法が自分には効果が無いと感じていませんか?最新の研究で、全ての人に共通して効果のあるダイエット法など存在しないことがわかりました。イスラエル・ワイツマン科学研究所の研究で、ある人にはダイエット効果があ...

≫続きを読む

最初に野菜類を食べて生活習慣病を予防

最初に野菜類を食べると良い食べる順番を考慮すると、健康度が上がります。 同じものを食べるにも、食べる順番で生活習慣の予防改善効果が向上することが分っています。食事で、まず最初に野菜から食べて、その後に炭水化物やタンパク質などを食べる習慣を身に付けましょう。血糖値の変動幅を減らせることが解明されていま...

≫続きを読む

正月太りは過半数の人が経験/むくみ短期解消法

正月太りの短期解消法米国のアンケートでも休暇中は平均で1kgほど体重が増加することが判明しています。日本のお正月とは違って米国では立食形式のビュッフェですが、やはりつい食べ過ぎてしまうそうです。米国の栄養・食事療法学会では、この様なパーティーに出席するときの注意として、「小さめのお皿を手に取り、まず...

≫続きを読む

8時間ダイエット法は食事・カロリー制限なし間食OK

カロリー制限なし間食も大丈夫食事制限なし、運動なしの8時間ダイエット「健康カプセル|元気の時間」を記事にしたものです。8時間ダイエットは、「カロリー制限なし」「食事制限なし」「運動なし」「何を食べても良い」「お酒も飲んでよし」「間食OK」の制約ないダイエット法です。8時間ダイエットで、守るのは「食べ...

≫続きを読む

重炭酸塩入りミネラルウォーターのダイエット効果

重炭酸塩入りミネラルウォーターの効果メタボの予防改善やダイエット効果があるとして、ミネラルウォーターや水素水などが注目されてひさしくなります。ミネラルウォーターは、マグネシウムなどのミネラルの作用によって、多くの女性が悩んでいる便秘の改善、解消効果があることが知られています。便秘が解消されれば腸内環...

≫続きを読む

姿勢・お風呂・生姜で基礎代謝を上げてダイエット

基礎代謝を上げてダイエットフィットネスクラブに通って運動をしなくても、日々のちょっとした心がけで普段の生活の中でダイエットをすることができます。基礎代謝を上げることがダイエットの一番への近道です。筋肉を太くすれば基礎代謝が上がります。また、体を温めて血行を良くすると基礎代謝が上がり太りにくい体質にな...

≫続きを読む

行き過ぎた糖質制限ダイエットは低血糖を起こす危険も

糖質制限ダイエットはリスクを伴う糖質制限ダイエットの危険性が指摘されていますので、ご紹介いたします。危険性を指摘しているのは医学界てすが、実際に糖質制限ダイエットを続けたところ、ふらついて倒れた、命に危険が及んだなど、危険性を呼び掛ける声も多数寄せられています。糖質制限ダイエットを実践していることを...

≫続きを読む

NHK助けて!きわめびと 疲労回復の極意

NHK助けて!きわめびと 疲労回復の極意社会人の約7割の方が疲労を抱えているそうです。NHK助けて!きわめびとで「疲労回復の極意」を伝授してもらいました。翌朝スッキリ目覚める睡眠法と疲れを取ってくれる食品のご紹介でした。疲れていると唾液にヒトヘルペスウイルスが多くなります。この数値が疲労のバロメータ...

≫続きを読む

レプチンは脳に働く満腹メッセージ/増やす食べ物・生活習慣

レプチンを増やす食べ物・生活習慣ダイエットの失敗原因の1位は食欲を我慢できずに食べてしまうことです。人の三大欲望は、食欲、性欲、睡眠欲といわれていますが、食欲を抑えることは至難の業です。レプチンは「食べたい」という強い欲望を抑え悩みを解決してくれる物質です。この食欲を抑えくれる体内ホルモンが発見され...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

 


若返り法 健康的にやせる 基礎代謝を上げる 免疫を高める 危険な習慣 認知症を予防 腸内環境を整える