糖尿病辞典

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

血糖値の上昇を自動制御

 

血糖値の上昇を自動制御
 
糖尿病患者の方に良いお知らせです。
 
血糖値の自動的に管理してくれるインスリンパッチが開発されました。
 
これから、臨床研究がスタートして、実用化されるのは、先のことですが、医薬品として認可されると、多くの糖尿病患者の負担を軽減してくれそうです。
 
開発されたインスリンパッチを皮膚に貼るだけで血糖値のコントロールやインスリンの自動的な投与が可能になります。
 
インスリンパッチを開発したのは、ノースカロライナ大学の研究チームで、糖尿病患者の負担が大幅に軽減されるようです。
 
糖尿病患者は、食事制限やカロリーコントロールは当然のことながら、注射や血糖値のチェックを一日に何度もしなければならず、また、それを毎日継続しなければならない大変さがあります。
 
開発されたインスリンパッチの構造は、1セント硬化ほどのサイズで、インスリンパッチの片面には100本の細かいトゲがあり、そのトゲの中には顕微鏡でしか見えない、極小サイズの容器が備えられ、その中にはインスリンやグルコースセンサー(血糖値を計る酵素)が含まれています。
 
皮膚にこのインスリンパッチを貼ることで酵素を体内に送り込み、血糖値が上がり過ぎないようにコントロールすることができる仕組みです。
 
このインスリンパッチは、スマートインスリンパッチとも呼ばれ、1型糖尿病のマウスで行った実験では、最大9時間血糖値を抑えることに成功したと報告しています。
 
人で臨床試験に成功すれば、一日に何度も注射を打たなければならない人々の日常生活が劇的に変わるといわれています。

 

 
糖尿病の検査、治療は内科ですが、最近総合病院では「糖尿病科」が設置されている病院があります。
 
血糖値が気になる方は、医療機関を受診し、血糖値に異常がある場合早期の治療が必須です。
 
「糖尿病」は内科、循環器科 病院の検索

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

糖尿病のチェック項目 糖尿病の合併症 糖尿病を予防 アディポネクチンの分泌 歯周病に注意