役に立つ水の情報〜雨水から飲料水まで

水と健康は切っても切り離せない重要なテーマ

 

水と健康は切っても切り離せない重要なテーマ 

 

人の体内の60から70%が水であり、体内での水の役割は、体内の物質を良く溶かして栄養や酸素を細胞に運搬することや毒素や老廃物を体外に排出する役割を担っています。
 
水は温まりにくく、冷めにくい特性があるので、体温の急激な変化を抑えて、一定に保つ働きもあります。
 
また、水は体温が上昇すると汗となって熱を放出し体温を下げる働きがあることも大変都合が良いものです。
 
さらに十分な水が補給できないと細胞が脱水症状を引き起こして免疫システムの働きが低下してさまざまな疾患にかかりやすくなります。
 
このように水は人が体を健康に保つために必要不可欠な物質であります。
 
かの「星の王子さま」の著者サン・テグジュペリは「水よ、あなたには味も色も香りもない。だから定義することが出来ない、我々あなたをただ味わうだけだ。あなたは命に必要なのではない、あなたが命そのものだ。」
 
人の先祖である魚類は海水に含まれているミネラルを体内に取り込んで生きていました。
 
体内でカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは大切な役割を果たしていて体になくてはならない物質です。
 

水には軟水と硬水があります。
 
日本では殆どが軟水でカルシウムやマグネシウムのイオンが比較的少ない水です。
 
ヨーロッパは硬水が多くマグネシウムやカルシウムイオンが多く含まれている水です。
 
硬度が高すぎる水を飲み続けると、肝臓障害をおこす可能性があります。

 

日本では考えられないのですが、硬度が高いヨーロッパでは硬度を低下させる軟水処理を施して飲料水として利用することが重要になります。
 
高度を低下させる手法は、イオン交換樹脂や合成ゼオライトなどのイオン交換体にナトリウムイオンなどを吸着させておき、そこに高硬度の水を通すことで無害のイオンに置き換えるイオン交換法があります。
 
水は人の健康と切り離せない大変重要な物質です。日本では「水と空気はタダ」、「湯水のごとく」などといわれてきましたが、最近は水はタダではなくなりました。特に飲み水には大部分の方が水道水ではなく、市販のペットボトルを購入して飲んでいます。
 
水はこれからも更に注目されるべきテーマだと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

水と健康のお話し記事一覧

良い水は健康を維持し長寿をサポート

良い水は健康を維持し長寿をサポート河川水が引き起こした風土病日本が自給自足をしていた少し前の話しになりますが、紀伊半島の南端に筋肉が萎縮して動けなくなったり、食べ物を呑み込んだり、呼吸が出来なくなる病気が多発していたそうです。後に筋萎縮性側索硬化症と診断されましたが、その地域の発症率が全国平均の30...

≫続きを読む

カルシウムとマグネシウムのバランスが大切

バランスが大切、カルシウムとマグネシウムミネラルウォーターに含まれるカルシウムやマグネシウムはバランス良く摂取する事が大切です。以前は体を丈夫にするためにカルシウムを含んでいる小魚を食べようといわれましたが、カルシウムの過剰な摂取は、心疾患や動脈血管の疾患の要因になることがわかっています。カルシウム...

≫続きを読む

マグネシウム不足は体調不良をまねく

マグネシウムは重要な役割これまで、カルシウムばかり注目されて来ましたが、マグネシウムは大変重要な役割を担っています。マグネシウムは、主に筋肉や神経に関与する酵素を制御しています。酵素は生命稼働に関与しています。例えば、食べ物の消化や吸収、呼吸、筋肉を動かすなど様々な事に関係しています。マグネシウムは...

≫続きを読む

健康のため、お酒の合間に和らぎ水

お酒を飲むときには、健康のために合間に和らぎ水 お酒を飲んでいる時に合間に飲むお水の事を「和らぎ水」と呼んでいます。 酒飲みの方からは、お酒の合間に水を飲むなんて邪道だといわれるかもしれません。 皆様もつい飲み過ぎて、泥酔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。 翌日の二日酔いの辛さは体験をした...

≫続きを読む

肥満と脂肪と水

肥満の方の脂肪と水大人の体は約6割りが水分で占められています。太っている方を見かけると、体の水分量が多いように感じてしまいます。しかし、太っている方は、体脂肪率が高いのであって脂肪には水分はほとんど含まれません。水とダイエット時々インターネットサイトで「一週間で3キロダイエット成功法」などのキャッチ...

≫続きを読む

浄水器の種類と機能 選び方

浄水器は一気に普及しました浄水器は、水道水の水質が悪化したと言われるようになった1989年あたりから普及し、現在では毎年300万台を超えて出荷されています。普及した証拠に浄水器の心臓部であるカートリッジは、毎年2000万台を上回る数量が出荷されています。浄水器は、日本水道協会(JWWA)が型式の承認...

≫続きを読む

お風呂で半身浴のすすめ

半身浴のすすめ冬場なると「半身浴は寒いからしたくない」と耳にします。これは、半身浴の方法を間違っています。半身浴をするときは、あらかじめ、浴室の温度を寒くない程度に上げておく必要があります。その方法とは、熱めのシャワーを壁や床にかけることで簡単に室温を上げることができます。さて、実際の半身浴ですが、...

≫続きを読む

体内の水分が1割減っても危険、水の質と量が大切

体内の水分が1割減っても危険、水の質と量が大切体に占める水の量は、大人で60%と云われています。体重が70キログラムの大人では、42キログラムが水分ということになります。赤ちゃんでは80%、児童で75%、高齢者で50%から60%がおおよその水分の割合です。体の半分以上を占める水、飲む水の質が悪ければ...

≫続きを読む

アルカリイオン水の体への影響と整水器

アルカリイオン水を飲むと胃のなかの殺菌作用も低下胃は口から入ってくる食物を消化する器官ですが、同時に強力な殺菌作用を持っています。胃のなかは、強い酸性に保たれ殺菌作用を維持しています。しかし、アルカリイオン水を飲むと約10分間、胃のなかの酸性の度合いが低下することが明らかになっています。胃の酸性度が...

≫続きを読む

体を守る水の機能と役割

成人の体内は約60%の水分で占められている健康な成人の場合、体内は約60%の水分で占められています。この割合は、赤ちゃんからお年寄りまで各年代で大きく異なります。例を上げると、生まれたばかりの新生児て水分の割合が約88%、老人では約53%とかなりの差があります。新生児は、体がパンパンに張っていますが...

≫続きを読む

高硬度ミネラルウォーターで健康ダイエット効果

女性も男性も若々しく、美しくダイエット特に女性は、「若々しいね、きれいね」と言われる事はすごく嬉しいものです。誰でも若く美しくありたいと願っています。男性用のメンズエステ店が活況で、男性もきれいでいたいと願い努力する時代になりました。昔から様々なダイエット法が考案され、枚挙にいとまがありませんが、そ...

≫続きを読む

ヒアルロン酸、コラーゲンと水でみずみずしいお肌に

ヒアルロン酸やコラーゲンでみずみずしいお肌「お肌をみずみずしく保ちたい、艶や透明感を失いたくない」、女性であれば誰でもそう願うでしょう。最近では、ヒアルロン酸やコラーゲンを配合した美肌化粧品やドリンクがたくさん販売されています。コラーゲンは真皮、腱、骨、軟骨、靭帯を構成するタンパク質で、人の体のタン...

≫続きを読む

冷え性を改善するミネラルウォーターの摂取

血行を高め、冷え性を改善するミネラルウォーター真夏でも足や指先が冷たく、常に冷えを感じる方で就寝時にも靴下が欠かせない冷え性は女性に多く、血行が悪いのが原因です。冷え性の方は血行が悪いので、免疫力も低下しますので、ちょっとした事で風邪を引くなど病気にかかりやすくなります。冷え性の方の特徴は、筋肉量が...

≫続きを読む

生活習慣病の予防には水が効果があります

生活習慣病の予防に水が効果あり「寝る前と寝起きにコップ一杯の水を飲みましょう」脳神経外科の医師は脳血栓の予防のために就寝前と寝起きに水を飲むことを推奨しています。水が効果がある理由寝ている間には、発汗による水分喪失と尿が作られるため血中の水分量が減り、血液の濃度が高まり粘性が強くなります。血液がこの...

≫続きを読む

熱中症予防のための水分摂取、補給と栄養成分

熱中症予防のための水分摂取、補給の知識を身に着けよう近年ではスポーツの合間に水分を補給することは、常識になっています。1985年、私は大学でフットボール部に所属しアメリカのスポーツ飲料のゲータレードを練習や試合の合間に適量補給することを初めて許されましたが、その時まではスポーツ中の水分補給はご法度で...

≫続きを読む

エコノミークラス症候群の予防には水分補給

エコノミークラス症候群の予防には水分摂取?エコノミークラス症候群になる原因原因の一つには、長時間にわたって同じ姿勢で座り続けていると血液の循環が滞り、重力も影響し足に血液が停滞して血栓が出来やすくなります。長時間のフライト後に足がむくんだという話は良く耳にします。もう一つの原因は、機内の空気環境にあ...

≫続きを読む

 



 
スポンサードリンク