水と健康のお話し

ヒアルロン酸やコラーゲンでみずみずしいお肌

 

ヒアルロン酸やコラーゲンでみずみずしいお肌 

 

「お肌をみずみずしく保ちたい、艶や透明感を失いたくない」、女性であれば誰でもそう願うでしょう。
 
最近では、ヒアルロン酸やコラーゲンを配合した美肌化粧品やドリンクがたくさん販売されています。
 
コラーゲンは真皮、腱、骨、軟骨、靭帯を構成するタンパク質で、人の体のタンパク質の約3割を占めています。
また、コラーゲンは30種類以上存在することが明らかにされております。
 
コラーゲンは骨に大量に含まれており、細胞間を強く結びつけ結合させる働きがあり、骨に弾力性を与え、皮膚の真皮にも非常に多く存在して皮膚の強さや弾力性をつくる物質です。
 
ヒアルロン酸は体の様々なところに有り、関節内部の関節液や肌の真皮では濃度が高くなっています。また、骨格の内部にはムコ多糖類と呼ばれる物質が占めていますが、ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種です。
 
ヒアルロン酸は、水分を多量に含む特徴があり、その量はヒアルロン酸1グラム対して水6リットルを貯蔵すると云われいます。
 
年齢を重ねると次第に体内のヒアルロン酸もコラーゲンも減少しシワやシミ、関節痛の原因になります。
 
加齢とともにヒアルロン酸もコラーゲンも減少し、脂肪が増えてきます。

 
脂肪は水を含みにくい多糖類で、肌の潤いや艶が失われていきます。
 
この老化現象を抑制するためには、ヒアルロン酸の効果を高めるミネラルウォーターが重要な働きをします。

 

ヒアルロン酸の効果を高めるためには充分なミネラルウォーター

 

ヒアルロン酸の効果を高めるミネラルウォーター 

 

脂肪は水分の保有率が低く2割程度しか水分を含む事が出来ません。
 
化粧品会社やサプリメント販売会社のキャッチコピーに誘われて、コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品やドリンクを利用する方が増えていますが、今ひとつ効果を疑問視する人もいるのではないでしょうか。
 
望むような効果が得られない大きな原因として、体に充分な水分が供給されていない可能性があります。
 
ヒアルロン酸の効果を高めるためには、日頃より充分なミネラルウォーターを補給することがポイントです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 
スポンサードリンク
 

関連ページ

良い水は健康を維持し長寿をサポート
水には大切なミネラルであるカルシウムやマグネシウムなどが含まれていますが、含有量が極端に少ないと病気をまねきます
カルシウムとマグネシウムのバランスが大切
ミネラルウォーターに含まれるカルシウムとマグネシウムは大切なミネラルです。バランス良く摂取する事で疾病の予防ができます。
マグネシウム不足は体調不良をまねく
体内で不可欠なミネラルであるのマグネシウムが不足すると様々な症状が出てきます。意識して摂取する必要があります。
健康のため、お酒の合間に和らぎ水
健康のためにお酒の合間に和らぎ水を飲みましょう。海外でも強いお酒を飲んだ直後に水を飲みますがこれをチェイサーといいます
肥満と脂肪と水
大人の体は約6割りが水分で占められていますが体脂肪率が高い人は脂肪には水分はほとんど含まれません
浄水器の種類と機能 選び方
浄水器の種類と機能を知って、水道水の水質に対応した浄水器を選びましょう。
お風呂で半身浴のすすめ
温めのお風呂に使って半身浴をしましょう。血流が改善して血行が良くなります。そしい必ず水分補給をしましょう
体内の水分が1割減っても危険、水の質と量が大切
人の体には60%以上の水分が必要です。1割減っても危険な状態となります。水の質と量が大切です。
アルカリイオン水の体への影響と整水器
アルカリイオン水の健康に効果があるのでしょうか。アルカリイオン水の体へ影響と整水器の製造物責任法
体を守る水の機能と役割
成人の体内には60%の水分で占められています。体の水分は体を守るために様々な機能と役割をはたしています ?
高硬度ミネラルウォーターで健康ダイエット効果
硬度の高いミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいます。この二つのミネラルが健康的なダイエットに大きく貢献しています
冷え性を改善するミネラルウォーターの摂取
女性に多い冷え性は、ミネラルウォーターを摂取することで、血行が良くなり改善するといわれています
生活習慣病の予防には水が効果があります
寝ている間には発汗による水分喪失と尿が作られるため血中の水分量が減り、血液の濃度が高まり粘性が強くなりますので脳血栓の予防のために就寝前と寝起きに水を飲みましょう 水が効果がある理由
熱中症予防のための水分摂取、補給と栄養成分
スポーツ時や高齢者の熱中症を予防するための水分補給の知識を持ちましょう
エコノミークラス症候群の予防には水分補給
狭い空間で長時間座っているとエコノミークラス症候群を発症します。予防には水分摂取が大切です?