水と健康のお話し

熱中症予防のための水分摂取、補給の知識を身に着けよう

 

熱中症予防のための水分摂取

 

近年ではスポーツの合間に水分を補給することは、常識になっています。
 
1985年、私は大学でフットボール部に所属しアメリカのスポーツ飲料のゲータレードを練習や試合の合間に適量補給することを初めて許されましたが、その時まではスポーツ中の水分補給はご法度でした。
 
昔は、スポーツの最中に水を飲むことは、「体調を壊す」、「喉の渇きを乗り越えられなければ試合に勝てない」更に「根性が身に付かない」などと言われました。
 
その様な環境下で体内の水分不足で体調を崩しスポーツから離れる人もいました。
 
最近では、医学的にも水分の必要性が強く叫ばれています。
 
スポーツではなくても、高齢者が自宅で熱中症にかかり、病院へ運び込まれて亡くなるケースも多発しています。

 

熱中症のメカニズムと水分摂取の必要性

 

熱中症のメカニズム 

 

スポーツなどで体温が上昇すると、発汗により体内の熱を放出して体温を正常に保とうとします。
 
この時に適切に水分補給をしていれば熱中症になりにくいと言えます。
 
しかし、発汗により体内の水分が失われてくると、塩分濃度が上昇し血液の濃度が上がり心臓にも負担がかかってきます。
 
この時、脳は防衛反応により発汗を抑止する様に働きます。
 
そして、水分が供給されず、この状態が続くと体温が上昇を続け、熱中症に至ります。
 
また、血液の粘性が高まるため血栓が出来やすくなり、最終的には心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

 

高齢者に熱中症が多い理由

 

高齢者に熱中症が多い理由 

 

高齢者が熱中症にかかりやすい要因として元々体内の水分量が少ないことがあげられます。
 
これに加えてトイレに行くのが面倒なため、水分補給を控えたり、喉の渇きを感じる神経の感受性が衰退しているため、水分補給のタイミングを逃してしまい、熱中症にかかるケースが多いのです。
 
汗からはミネラル分も排出されるので、スポーツドリンクの栄養成分にも気を配りましょう。
 
汗からは、水分の他にミネラル分であるナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが排出されます。
 
水分補給の際には、体液に近い弱アルカリ性でミネラル分やビタミンを適度に含んだスポーツドリンクの摂取をおすすめします。
 
ミネラル分が不足すると足の痙攣を起こす原因にもなりますのでスポーツドリンクの内容成分には気を配りましょう。

 

糖分量の多いスポーツドリンクには注意を

 

糖分量の多いスポーツドリンク 

 

コンビニや自販機で様々な種類のスポーツドリンクが販売されていますが、特に注意をしたい点は、糖分の含有量です
 
多くのスポーツドリンクに多量の糖分が含まれており、水分を摂取しているつもりが、糖分を摂りすぎて、血糖値が上がり、糖尿病予備軍や糖尿病になる可能性もあります。
 
ペットボトル症候群なる言葉も生まれています。
 
スポーツをしていないのに日常的に水分を補給するために、スポーツドリンクを飲むのは避けましょう。

 

お勧めのスポーツドリンクとは

 

糖分を多量に含むスポーツドリンクは避け、ステビアを含むドリンクがお勧めです。
 
以下のドリンクは糖分が多いスポーツドリンクです。
 
1ポカリスエット 246.7 砂糖系
 
2アミノサプリ  246.0 砂糖系
 
3エネルゲン   245.5 果糖系
 
4アクエリアス  215.0 砂糖系
 
砂糖の含有量が多いスポーツドリンクはなるべく避けて、果糖やステビアを含んだ飲料にしましょう。
 
「ステビア」は、南米原産のキク科の植物から採取される甘味料で、低カロリーのうえビタミン群、各種アミノ酸、ミネラル類(リン、カルシウム、マグネシウム)などの体に必須の成分をを多く含んでいます。
 

砂糖が含まれているドリンクでは100ml中5g以上のものは5g以下になるように希釈して摂取する様にしましょう。

 

スポーツの前・中・後に水分補給を

 

スポーツの前・中・後に水分補給 

 

スポーツを開始前には、予め200ミリリットル程度の水分を摂取しておきましょう。
 
また、スポーツの合間にも小まめに水分摂取に心掛けて15分間隔くらいで水分補給をお忘れなく。また、試合や練習後にも水分の摂取を忘れないようにしましょう。
 
軽度のスポーツでは、スポーツドリンクではなくても、水で十分でしょう。

 

理想的なポーツドリンクの栄養成分5つのポイント

 

1.糖分が100ml中5g以下
 
2.甘味料がステビア含有
 
3.アミノ酸含有
 
4.クエン酸含有
 
5.ミネラル分含有

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

良い水は健康を維持し長寿をサポート
水には大切なミネラルであるカルシウムやマグネシウムなどが含まれていますが、含有量が極端に少ないと病気をまねきます
カルシウムとマグネシウムのバランスが大切
ミネラルウォーターに含まれるカルシウムとマグネシウムは大切なミネラルです。バランス良く摂取する事で疾病の予防ができます。
マグネシウム不足は体調不良をまねく
体内で不可欠なミネラルであるのマグネシウムが不足すると様々な症状が出てきます。意識して摂取する必要があります。
健康のため、お酒の合間に和らぎ水
健康のためにお酒の合間に和らぎ水を飲みましょう。海外でも強いお酒を飲んだ直後に水を飲みますがこれをチェイサーといいます
肥満と脂肪と水
大人の体は約6割りが水分で占められていますが体脂肪率が高い人は脂肪には水分はほとんど含まれません
浄水器の種類と機能 選び方
浄水器の種類と機能を知って、水道水の水質に対応した浄水器を選びましょう。
お風呂で半身浴のすすめ
温めのお風呂に使って半身浴をしましょう。血流が改善して血行が良くなります。そしい必ず水分補給をしましょう
体内の水分が1割減っても危険、水の質と量が大切
人の体には60%以上の水分が必要です。1割減っても危険な状態となります。水の質と量が大切です。
アルカリイオン水の体への影響と整水器
アルカリイオン水の健康に効果があるのでしょうか。アルカリイオン水の体へ影響と整水器の製造物責任法
体を守る水の機能と役割
成人の体内には60%の水分で占められています。体の水分は体を守るために様々な機能と役割をはたしています ?
高硬度ミネラルウォーターで健康ダイエット効果
硬度の高いミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいます。この二つのミネラルが健康的なダイエットに大きく貢献しています
ヒアルロン酸、コラーゲンと水でみずみずしいお肌に
体に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンに十分なミネラルウォーターでみずみずしいお肌をとりもどしましょう
冷え性を改善するミネラルウォーターの摂取
女性に多い冷え性は、ミネラルウォーターを摂取することで、血行が良くなり改善するといわれています
生活習慣病の予防には水が効果があります
寝ている間には発汗による水分喪失と尿が作られるため血中の水分量が減り、血液の濃度が高まり粘性が強くなりますので脳血栓の予防のために就寝前と寝起きに水を飲みましょう 水が効果がある理由
エコノミークラス症候群の予防には水分補給
狭い空間で長時間座っているとエコノミークラス症候群を発症します。予防には水分摂取が大切です?