役に立つ水の情報〜雨水から飲料水まで

 

日本の美味しい水と名水 

 
1985年に環境庁は、日本の名水100選を決定して発表しました。
 
100選に選ぶ条件として、
 
@身近で清澄な水
A昔から地域住民の生活にとけこんでいる
B住民自身による水の保全活動が行われている

 

以上の基準に沿って調査し決められました。
 
選ばれた名水は、地下水や湧水が多く、河川も清らかさを保つ活動がされている地域が選ばれています。
 
日本では、高度経済成長期に河川や海の汚染が進みました、近年はその反省から、清らかな河川や海を取り戻す活動が増えてきました。
 
100選に選ばれた中には、条例で水質や景観の保全をすすめる事を制定した仙台の広瀬川があります。
 
また、岐阜の長良川は100選の他にも1998年環境省認定「日本の水浴場55選」に選ばれ、2001年には「日本の水浴場88選」に全国で唯一河川の水浴場に選定されています。
 
風景がヨーロッパ中部を流れるライン川に似ていることから志賀重昂によって日本ライン川と命名された木曽川など日本を代表する河川も選ばれています。
 
名水100選は飲料水に限定された訳ではありませんが、地下水や湧水は美味しい水として知られています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本の美味しい水と名水記事一覧

美味しい水の条件と日本の名水

美味しい水の条件 水道水がまずいといわれるようになって久しくなります。 最近では、水道水を直接飲む人は少なくなったのではないでしょうか。 なぜ、水道水がまずくなったかというと、一言でいえば環境汚染が進んだからです。 水道水は、基本的に河川の水を浄化殺菌して配管を通って家庭に供給されます。 昔と比べ河...

≫続きを読む

水道水を美味しく飲むポイント

水道水を美味しく飲むポイントもともと日本の河川や湖沼の水に含まれるカルシウムやマグネシウム等のミネラル分はヨーロッパやアメリカに比べ少なく、また日本では飲料水には加熱殺菌処理が義務付けられているため、更にミネラル分は少なくなってしまいます。日本人は、飲料水ではミネラル分の摂取量が少ない分、食事での摂...

≫続きを読む

 



 
スポンサードリンク