水と健康のお話し

お酒を飲むときには、健康のために合間に和らぎ水

 

健康のために合間に和らぎ水

お酒を飲んでいる時に合間に飲むお水の事を「和らぎ水」と呼んでいます。
 
 酒飲みの方からは、お酒の合間に水を飲むなんて邪道だといわれるかもしれません。
 
 皆様もつい飲み過ぎて、泥酔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。
 
 翌日の二日酔いの辛さは体験をした人にしか理解できないと思います。
 
 因みに「泥酔」の語源は、中国の「異物志」という書物にある空想上の虫の事で骨が無く、体がぐにゃぐにゃの生き物からきているそうです。
 
 つい雰囲気の良さや話が弾んで飲み過ぎて後で後悔する事も多いのですが、アルコールを分解する肝臓や胃腸に負担をかけ過ぎるのは健康に良くありません。
 
 お酒は百薬の長といわれる通り、適度であれば血行を良くして、ストレスを解消する手助けとなるため健康にはプラス面もあります。
 
 しかし、肝臓がお酒のアルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドは毒性の強い物質です。

 

そこで、お酒の合間に「和らぎ水」

 


お酒の合間にやわらぎ水 
 
1.体に入ったアルコールの度数を下げ、体の負担を軽減できる。
 
2.お酒の合間に割り込みが入るので飲み過ぎない。
 
3.酔いのスピードを緩める効果がある。
 
4.口の中をリフレッシュさせて、料理やお酒の味を新鮮に味わえる。
 
5.飲み過ぎても翌日の二日酔いが軽くて済む。
 
6.アルコールによる脱水症状を起こさない。
 
など、和らぎ水には健康を維持するための多くのメリットがあります。

 
 外国でもアルコール度数の高いお酒を飲んだ後にチェイサー(追っかけるの意)といって水やソーダ、ジンジャーエールを飲んで体の負担を軽くする習慣があります。口の中もリフレッシュする役割があるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

良い水は健康を維持し長寿をサポート
水には大切なミネラルであるカルシウムやマグネシウムなどが含まれていますが、含有量が極端に少ないと病気をまねきます
カルシウムとマグネシウムのバランスが大切
ミネラルウォーターに含まれるカルシウムとマグネシウムは大切なミネラルです。バランス良く摂取する事で疾病の予防ができます。
マグネシウム不足は体調不良をまねく
体内で不可欠なミネラルであるのマグネシウムが不足すると様々な症状が出てきます。意識して摂取する必要があります。
肥満と脂肪と水
大人の体は約6割りが水分で占められていますが体脂肪率が高い人は脂肪には水分はほとんど含まれません
浄水器の種類と機能 選び方
浄水器の種類と機能を知って、水道水の水質に対応した浄水器を選びましょう。
お風呂で半身浴のすすめ
温めのお風呂に使って半身浴をしましょう。血流が改善して血行が良くなります。そしい必ず水分補給をしましょう
体内の水分が1割減っても危険、水の質と量が大切
人の体には60%以上の水分が必要です。1割減っても危険な状態となります。水の質と量が大切です。
アルカリイオン水の体への影響と整水器
アルカリイオン水の健康に効果があるのでしょうか。アルカリイオン水の体へ影響と整水器の製造物責任法
体を守る水の機能と役割
成人の体内には60%の水分で占められています。体の水分は体を守るために様々な機能と役割をはたしています ?
高硬度ミネラルウォーターで健康ダイエット効果
硬度の高いミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいます。この二つのミネラルが健康的なダイエットに大きく貢献しています
ヒアルロン酸、コラーゲンと水でみずみずしいお肌に
体に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンに十分なミネラルウォーターでみずみずしいお肌をとりもどしましょう
冷え性を改善するミネラルウォーターの摂取
女性に多い冷え性は、ミネラルウォーターを摂取することで、血行が良くなり改善するといわれています
生活習慣病の予防には水が効果があります
寝ている間には発汗による水分喪失と尿が作られるため血中の水分量が減り、血液の濃度が高まり粘性が強くなりますので脳血栓の予防のために就寝前と寝起きに水を飲みましょう 水が効果がある理由
熱中症予防のための水分摂取、補給と栄養成分
スポーツ時や高齢者の熱中症を予防するための水分補給の知識を持ちましょう
エコノミークラス症候群の予防には水分補給
狭い空間で長時間座っているとエコノミークラス症候群を発症します。予防には水分摂取が大切です?