地球の環境と水

河川の汚染は化学洗剤

 

河川の汚染は化学洗剤 

 

昔は生活排水として、残飯以外の食器に付いた食べ残しは、洗う時に河川に直接流されていました。
 
河川に住む魚を初めとした生き物も流れてくる豊富なエサを食べて育ち、育った魚は食卓にも並べられました。この循環は非常に合理的であったと云えます。
 
1955年頃の高度経済成長の時期に漂白剤などの強力な化学洗剤が開発されました。
 
この化学洗剤の影響で河川も急激に汚染が進みました。
 
この時期が本格的な河川の汚染に至る転機といって良いでしょう。
 
化学洗剤が河川に排出されることで下流域では白い泡が発生して、泡が空中を舞うこともありました。
 
河川はある程度の汚れまでは自ら水をきれいにする自浄作用をもっています。
 
河川の汚染の原因はさまざまですが、たんぱく質や脂肪、炭水化物などの有機物がほとんどです。
 

これらは、魚や微生物のエサとになり河川はきれいになります。
 
しかし、有機物の量が多くなると魚や微生物では処理する事が出来ず河川の汚染につながります。
 
さらに汚染が進めば魚も住めなくなります。

 

河川を綺麗にする二種類の微生物

 

ところで、河川に住む微生物には2種類あります。
 
ひとつは生きるために酸素が必要な微生物と酸素がいらない微生物です。
 
汚染の初期は、酸素が必要な微生物が活躍して河川の水をきれいにします。
 
しかし、河川の有機物が増えて汚染が進むと水が酸欠の状態になります。
 
水質がこの状態になると酸素が必要な微生物は生きられなくなります。
 
次には酸素がいらない微生物が活躍し水をきれいにします。
 
ただ、この酸素がいらない微生物は欠点があります。
 
臭いガスを発するため河川が臭くなります。
 

更に河川の汚染が進むと微生物だけでは処理しきれずヘドロとなって川底に堆積します。
 
最近では、汚染された河川の地域住民が自分達の生活用水の源泉になる河川を以前のきれいな河川に戻そうと活動をしています。
 
近年では、その効果もあり魚の住む河川を取り戻した地域も多く見受けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

惑星で地球だけが水が豊富な理由
宇宙で唯一地球だけが水が豊富です。ガガーリンが宇宙化から「地球は青かった」といいましたが、貴重な水を大切にしましょう
大気汚染で水も汚染されている
中国などの新興国が廃棄する汚染水や排ガスで水も汚染されています。大切な水を守るためにも世界が環境のことを考える必要があります
世界では水不足が深刻
日本では水は当たり前に恵まれていますが、水が不足している国がたくさんあります。水が飲めなくて国民が死亡している国もあります
酸性雨が水と土壌に与える悪影響
新興国の排ガスが大気を汚染して酸性雨となって地表に降り注ぎます。この産生雨は水と土壌に与え植物が枯れたり、食べ物が汚染される深刻な原因となります
地下水が汚染される原因
アジアの多くの国はトイレ等の下水処理の設備が整っておらずイレの排水は工場排水等と共に河川に流され汚染された水を生活用水として使われています
家庭で出来る水質汚染対策
家庭から排出する生活用水が河川の汚染につながります。台所、お風呂、洗面所など水質汚染をしない対策を知っておきましょう
水道水の水源はどこから来るのでしょう
水道水の水源の水源は河川、ダム湖水、湖沼水、伏流水、地下水などですが、水質には、それぞれ違いがあります。
世界では水をめぐり紛争がおきている
島国日本では、水の争いとは縁がありませんが、世界では国境をまたいだ河の権利を巡って争いがおきています