地球の環境と水

日本とは異なる世界の水事情

 

島国日本の水事情と争い 
 
島国の日本は昔から水不足の心配はほとんどありませんでした。

 

しかし、稲作が盛んだった時代、水田地域では所有する田んぼに水を導きたいため、水の争いがあったようです。
 
我田引水や水掛け論などの言葉は争いがあった事を裏付けています。
 
世界では、河が国境をまたいで複数の国家を流れているため、国家の利権対立となりやすく、実際に争いが絶えず、また激しくなります。
 
この地理的条件が島国日本と根本的に異なるところです。
 
近代の日本では、何年かに一度、雨が降らず渇水となって、ダムの取水制限がされることがありますが、水の争い事は殆ど耳にしません。
 
水道にしても、世界中で日本ほど水質管理が行き届き、何処でも清潔な飲料水を手にできる国も見当ありません。
 
世界に目を向ければ、水をめぐる紛争は至るところで起きています。

 

紛争が起きている地域に住む住民は、世界人口の約4割、約270ある国際河川の流域面積は、地球の陸地総面積の約半数といわれています。
 
これは世界の約半分の地域で紛争が起きてる事になります。

 

水をめぐっての主な争いの原因は

 
 
 
1.水の権利や水の配分、分配の争い
 
2.領土と水の所有権が混在した争い
 
3.水の汚染、環境問題
 
4.国際政治の問題 

 

世界中で環境汚染が進むなか、21世紀は水戦争の時代と言われています。
 
人間が生きていくためには、水は必要不可欠な物質です。
 
過去に石油をめぐる争いが度々あったように、水をめぐる争いがあっても不思議ではありません。
 
英語のrival(ライバル)の語源はriver(リバー)ともいわれているほどです。
 
ソ連の元大統領のゴルバチョフは「水には人を動かす力がある。水には宗教と同じように人を動かす力がある。人は水を求めて移動し旅をした。水を巡って争い、あらゆる人が水を必要としている。」と述べています。
 
かのローマが滅びたきっかけもゴート族が巨大な水道橋システムを破壊したことで新新鮮な飲料水を確保できなくなったことが原因のひとつといわれています。
 
テロや戦争はうんざりです。水の利権争いをすれば必ず死者が出るでしょう。地球の環境改善を世界各国が一致団結して行ってほしいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

惑星で地球だけが水が豊富な理由
宇宙で唯一地球だけが水が豊富です。ガガーリンが宇宙化から「地球は青かった」といいましたが、貴重な水を大切にしましょう
大気汚染で水も汚染されている
中国などの新興国が廃棄する汚染水や排ガスで水も汚染されています。大切な水を守るためにも世界が環境のことを考える必要があります
世界では水不足が深刻
日本では水は当たり前に恵まれていますが、水が不足している国がたくさんあります。水が飲めなくて国民が死亡している国もあります
酸性雨が水と土壌に与える悪影響
新興国の排ガスが大気を汚染して酸性雨となって地表に降り注ぎます。この産生雨は水と土壌に与え植物が枯れたり、食べ物が汚染される深刻な原因となります
地下水が汚染される原因
アジアの多くの国はトイレ等の下水処理の設備が整っておらずイレの排水は工場排水等と共に河川に流され汚染された水を生活用水として使われています
河川の汚染原因と綺麗になる河川
化学洗剤が河川に排出されることで下流域では白い泡が発生して空中を舞うことがあります。生活用水が河川の汚染の原因になります
家庭で出来る水質汚染対策
家庭から排出する生活用水が河川の汚染につながります。台所、お風呂、洗面所など水質汚染をしない対策を知っておきましょう
水道水の水源はどこから来るのでしょう
水道水の水源の水源は河川、ダム湖水、湖沼水、伏流水、地下水などですが、水質には、それぞれ違いがあります。