地球の環境と水

世界では水不足が進んでいます

増え続ける世界の人口が水不足の原因

 

人口増加が水不足の原因にもになっている 

 

日本では、水道の蛇口をひねれば、国の水質基準を満たしたきれいな水を簡単に、しかも豊富に得る事が出来ます。

 

しかし、世界に目を向けると大気汚染や工場の排水によって水の質が悪化し生活用水として使用できる水の減少が続いています。
 
水不足の原因のひとつは世界人口の増加です。
 
また、環境汚染の進行で水不足が更に深刻化することが予想されており、健康被害も心配されています
 
地球は豊富な水分でおおわれていますが海水が大部分を占めています。
 
人が生活する上で使用出来る水は極めて少ないのが実情です。
 
以上のように、今や自然の水源は不純物で汚染されており、安全な水を確保するには費用と人の技術と使って飲み水変えなければなりません。

 

人が使える水は僅か1%に満たない

 

 

 

地球の7割が海洋でおおわれいます。
 
17世紀の初頭から、海水の塩分を除去して飲み水に変えるために多くの研究者が情熱を注ぎました。海水を最大で20個のろ過装置を通過させましたが、塩分を抜くことができず、いまだ海水の真水化は実現されていません。
 
最近まで、幾度となく海水を真水に変える研究に取り組む研究者がいますが、21世紀の高度な技術をもってしても脱塩するための費用が膨大となるため挫折を繰り返しています。海水を真水に変える技術を開発すれば間違いなくノーベル賞でしょう。
 
地球に水は豊富に存在していますが、人が使用できる水は淡水や地下水の内の更に一部であり、地球全体の水量の内のわずか1%にも満たないといわれています。
 
世界で水不足が深刻化する原因の一つには、急速な人口増加があります。
 
世界の人口は2012年に70億人を突破しました。2025年には83億人に達すると国連が予想しています。
 
また、世界保健機関では、この急速な人口増加により水不足が深刻化して、生命が危機的な状態に至る地域も多く発生するリスクがあると警鐘をならしています。
 
既にアジアやアフリカなどの開発途上国や新興国では飲料水が確保出来なかったり、汚染された水を飲んだ子どもたちが健康被害を起こしたり、死亡したりしています。
 

水や大気の汚染が原因で世界で毎年300万人から400万人が死亡しています。
 
また、ユニセフは汚染された水による子どもの死者数が毎日5000人を超え、年間で約200万人に達していると発表しています。
 
例えば、中国の内陸部では工場の廃液に汚染された水を飲み、がん患者が多発している地域もあります。
 
水の汚染の原因は、後進国などの下水道の不備による糞尿の垂れ流し、農薬や工場などから排出される産業廃棄物などです。
 
「20世紀は領土紛争の時代だったと言われましたが、21世紀きは水紛争の時代になると予想されています。」

 

世界水フォーラムは3年に一度開催されている

 
世界の人口増加や環境破壊に起因する世界的な水不足と水質悪化に対応するために、1997年にモロッコのマラケシュで第1回世界水フォーラムが開催され、3年に1回、各国の持ち回りで、世界水フォーラムを開催することを決定しました。
 
2000年に開催された第2回世界水フォーラムでは、5年後、15年後の目標が設定されました。

 

 

 

主な目標は次の通りです。
 
@生活に必要な最低限の水の確保
 
 世界では、5人に1人が安全な水の確保が困難となっており、毎年300万人から400万人が死亡し、子どもの死者が200万人に達している。
 
 2015年までに、安全で衛生的な水が確保できない人の割合を半減の2.5人に1人にする。
 
A生態系の保護を継続的に管理
 
 開発が続けば、淡水の生態系に大きな影響が続き、絶滅危惧種が増える。
 2015年までに、淡水の生態系の安全性を維持する基準をつくる。
 
B食料供給の確保
 
 農業は最も水を消費する。

 人口増加により、穀物需要が飛躍的に伸びるので、2015年までに1リットルの農業生産性を3割引き上げる。
 
C水資源の共有
 
 大陸では国境をまたいで多くの国際河川、湖沼が存在する。2015年までにこれらの水を共有するための協定をつくる。
 
Dリスク管理
 
 2015年までに嵐や洪水などで死亡する地域の危険度を半減させる。
 
E水の価格評価
 
 水不足の進行により、水の価格が高騰する危険をはらんでいる。2015年までに水の適切な価格をつける仕組みをつくる。
 
F水資源の適切な管理
 

 水質汚染の進行を抑制するために、2015年までにすべての国が的確な政策や法律の整備をし統合的に水資源管理を実施する。
 
 
以上のように、国際的に水資源を守ろうとする活動が続いています。
 
地球の温暖化の問題は各国それぞれの利害関係があって当初に決定された通りには進んでいません。
 
水は大切な資源であり、地球の将来のためにも、各国が協調して取り組んでいただきたい問題です。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

惑星で地球だけが水が豊富な理由
宇宙で唯一地球だけが水が豊富です。ガガーリンが宇宙化から「地球は青かった」といいましたが、貴重な水を大切にしましょう
大気汚染で水も汚染されている
中国などの新興国が廃棄する汚染水や排ガスで水も汚染されています。大切な水を守るためにも世界が環境のことを考える必要があります
酸性雨が水と土壌に与える悪影響
新興国の排ガスが大気を汚染して酸性雨となって地表に降り注ぎます。この産生雨は水と土壌に与え植物が枯れたり、食べ物が汚染される深刻な原因となります
地下水が汚染される原因
アジアの多くの国はトイレ等の下水処理の設備が整っておらずイレの排水は工場排水等と共に河川に流され汚染された水を生活用水として使われています
河川の汚染原因と綺麗になる河川
化学洗剤が河川に排出されることで下流域では白い泡が発生して空中を舞うことがあります。生活用水が河川の汚染の原因になります
家庭で出来る水質汚染対策
家庭から排出する生活用水が河川の汚染につながります。台所、お風呂、洗面所など水質汚染をしない対策を知っておきましょう
水道水の水源はどこから来るのでしょう
水道水の水源の水源は河川、ダム湖水、湖沼水、伏流水、地下水などですが、水質には、それぞれ違いがあります。
世界では水をめぐり紛争がおきている
島国日本では、水の争いとは縁がありませんが、世界では国境をまたいだ河の権利を巡って争いがおきています