地球の環境と水

酸性雨は水や土壌の汚染の大きな要因の一つ

酸性雨は工場からの排気や煤煙、車の排気ガスが原因

 

酸性雨は土壌汚染の原因 

 

海洋や湖沼、河川から蒸発した水分は、地球規模の循環システムで蒸発した海洋や地表へ戻ります。
 
この循環の中で様々な物質が水に取り込まれます。
 
蒸発した水蒸気は大気圏内で凝結して雨となり海洋や地表に降り注ぎます。
 
工場からの排気や煤煙、車の排気ガスの主な成分は、有害物質の硫黄酸化物やチッソ酸化物などです。
 
これらの汚染物質は太陽の光で化学反応を起こし、雨に取り込まれて海洋地表に降ってきます。
 
多くの汚染物質を含んだ雨は、強い酸性を帯びており、酸性雨と呼ばれ深刻な影響を及ぼします。
 
私たち人間は、これらの酸性雨に濡れれば皮膚から体内に有毒物質が侵入して病気の原因になります。

 

土壌が酸性化すると植物が枯れる「緑のペスト」

 

酸性雨が降り続けば、植物が育ち微生物が生息している弱アルカリ性の土壌は酸性に変化します。
 
土壌が酸性に変化すると、微生物は死滅し、植物は枯れてしまいます。
 
この酸性雨が河川や湖沼に入れば、水中の生物も死んでしまいます。
 
1970年代にヨーロッパで酸性雨による森林の被害が深刻になりました。
 
森の緑が枯れて突然失われるため、「緑のペスト」と呼ばれました。
 
土壌汚染が進んだ土地で栽培された野菜や果物は有害物質を含んでいるので、私たちにも健康被害が及ぶことになります。
 

酸性雨は水汚染の大きな要因

 

一度、酸性雨に侵された土壌を以前の環境に戻すことは難しいといわれています。
 
酸性雨は水や土壌の汚染の大きな要因のひとつですので、世界的な取り込みが不可欠となります。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

惑星で地球だけが水が豊富な理由
宇宙で唯一地球だけが水が豊富です。ガガーリンが宇宙化から「地球は青かった」といいましたが、貴重な水を大切にしましょう
大気汚染で水も汚染されている
中国などの新興国が廃棄する汚染水や排ガスで水も汚染されています。大切な水を守るためにも世界が環境のことを考える必要があります
世界では水不足が深刻
日本では水は当たり前に恵まれていますが、水が不足している国がたくさんあります。水が飲めなくて国民が死亡している国もあります
地下水が汚染される原因
アジアの多くの国はトイレ等の下水処理の設備が整っておらずイレの排水は工場排水等と共に河川に流され汚染された水を生活用水として使われています
河川の汚染原因と綺麗になる河川
化学洗剤が河川に排出されることで下流域では白い泡が発生して空中を舞うことがあります。生活用水が河川の汚染の原因になります
家庭で出来る水質汚染対策
家庭から排出する生活用水が河川の汚染につながります。台所、お風呂、洗面所など水質汚染をしない対策を知っておきましょう
水道水の水源はどこから来るのでしょう
水道水の水源の水源は河川、ダム湖水、湖沼水、伏流水、地下水などですが、水質には、それぞれ違いがあります。
世界では水をめぐり紛争がおきている
島国日本では、水の争いとは縁がありませんが、世界では国境をまたいだ河の権利を巡って争いがおきています