ポリフェノールの抗酸化作用



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 
ベリー類のエラグ酸の抗酸化作用 
 
エラグ酸は、天然のポリフェノールの一種です。
 
エラグ酸は、1831年にフランスの科学者のアンリ・ブラコノー教授によって発見をされ、美白成分として1996年に厚生労働省が認可しました。
 
そして2003年に食品添加物として使用され安全性についても確認されました。
 
エラグ酸は、イチゴ、ブラックベリー、ラズベリー、クランベリー、ブドウに多く含まれています。
 
自然界には5000種類以上もポリフェノールがあると言われていますが、全てのポリフェノールに共通するところは、活性酸素を抑える抗酸化作用です。
 
このように非常にたくさんの種類があるポリフェノールですが、その効果はそれぞれ異なります。
 
しかし、共通するのが「抗酸化作用」があるということ、抗酸化作用によって活性酸素の働きが抑えられ、細胞の衰えを防ぐことができるのです。

 
また、抗がん作用を持っている可能性が注目され、関連機関の研究が進んでいます。
 
エラグ酸の強い抗酸化作用は、がんを抑制し炎症を抑える効果があり、アンチエイジング効果も期待されます。
 

エラグ酸の抗がん作用

 

イチゴのエラグ酸は食道がんの予防効果や治療補助として効果が報告 

 

エラグ酸のがん組織を抑制する作用は、動物や人の実験で確認報告されていましたが、ラットを用いた実験で、イチゴに含まれているエラグ酸が食道がんの予防や治療補助の効果があることが報告されています。
 
アメリカ癌協会(American Cancer Society)でも、各種組織のがんの予防のために、イチゴ、ザクロ、クランベリーを日常的に食べることは有効であると啓蒙しています。
 
同協会のコリーン・ドイル医師は、ベリーはエラグ酸およびアントシアニンなどのポリフェノールを含んでおり、細胞への損傷に対抗し、削減し、修復する抗酸化物質を含んでいると説明しています。
 
更に、ニューヨーク大学のリサ・ヤング博士は、ベリー類は免疫システムを高めることができると説明しています。

   

エラグ酸の美白効果

 

エラグ酸は美白成分として認可されている 
 
エラグ酸は、1996年に美白成分として厚生労働省は認可されているように、お肌のシミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を抑制する作用があります。
 
エラグ酸は、化粧品の成分やサプリメントなど幅の広い分野で利用が普及しています。
 
エラグ酸は、お肌のシミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用があります。
 
紫外線は、お肌を守るためにシミの原因となるメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの働き活発にします。
 
エラグ酸には、チロシナーゼの活性化を抑えて働きを阻害して、シミの発生を予防する働きがあります。

 

エラグ酸はお肌の老化を防ぐ効果

 

エラグ酸はお肌の老化を防いでアンチエイジング効果 
 
エラグ酸には、強い抗酸化作用があり、肌の老化を防止してアンチエージング効果が期待されます。
 
紫外線やストレスは、過剰に活性酵素を発生させて血中に過酸化脂質を増やします。これが、お肌の老化の原因になります。
 
エラグ酸の強い抗酸化力により、過酸化脂質の生成を抑えて、お肌の老化を防いでくれます。
 
エラグ酸は天然のポリフェノールであり副作用がないことが報告されています。
 
過酸化脂質は、お肌のシミの原因以外にも、動脈硬化などの生活習慣病の危険因子になります。

 

エラグ酸の糖尿病を予防する効果

 

近畿大学農学部の研究では、エラグ酸が糖尿病のインスリン抵抗性の原因分子であるレジスチンの分泌を抑える作用があることを発見しています。
 
エラグ酸は、悪玉分子のレジスチンの分泌を抑え、善玉分子の分泌には作用しないが分かりました。
 
今後、糖尿病予防の機能性食品の開発につながる可能性があるとしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサードリンク

 

関連ページ

カカオ・ポリフェノールは医療や介護現場でも
カカオ・ポリフェノールは医療や介護現場でも活用され、認知症の予防効果があります
りんごポリフェノールは老化を防ぎダイエットや美白効果
りんごポリフェノールは老化を防ぎダイエットや美白効果も報告されています
カテキンの強い抗酸化作用/肥満予防と血糖値低下作用
カテキンは強い抗酸化作用を持ち、肥満予防や血糖値低下の作用があります
大豆のイソフラボンは美肌と更年期障害に効果
大豆に含まれているイソフラボンはポリフェノールで抗酸化作用が期待され、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防効果期待できます
アントシアニンの視力改善、白内障緑内障予防効果
アントシアニンには視力の改善、白内障や緑内障の予防効果があります
ウーロン茶ポリフェノールは脂肪の吸収を抑える
ウーロン茶ポリフェノールは脂肪の吸収を抑える作用があります
クロロゲン酸は血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑制
クロロゲン酸は血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑える作用があります
ロズマリン酸の血糖値を抑え糖尿病を予防する作用
ロズマリン酸は血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する作用が報告されています
コーヒーのフェルラ酸はコレステロール抑制、肥満予防
コーヒーのフェルラ酸はコレステロール抑制し肥満を予防します
ポリフェノールを多く含くむ納豆、味噌、赤ワイン、チョコ
ポリフェノールを多く含くむ食品は、チョコレート,納豆、味噌、赤ワインなどです
レスベラトロールのサプリメント|長生き抗酸化物質ポリフェノール
ポリフェノールのレスベラトロールで生活習慣病を予防し若返りが期待されます
レスベラトロールはサーチュイン遺伝子を活性化
レスベラトロールはの抗酸化作用でサーチュイン遺伝子を活性化します
レスベラトロールは血流を増やし美肌を作る効果
レスベラトロールは血流を増やし美肌を作る効果が期待されます
老化を防止する事が出来るのか/サプリメントの選び方
人類の永遠のテーマである老化を遠ざけることが出来るのでしょうか。サプリメントの選び方をご紹介します
カカオチョコレートにはさまざまな健康が確認されている
カカオチョコレートには多量のポリフェノールが含まれており健康効果や便秘の解消にも良い結果がでています
レーズンのポリフェノール効果と高カリウムでむくみ解消
レーズンのポリフェノール効果と高カリウムでむくみ解消効果のご紹介します
多くの抗酸化物質を含む機能性野菜とは
多くの抗酸化物質を含む機能性野菜のご紹介です。アメリカのデザイナーフーズでは野菜はがん予防に効果があることが解明されています

若返り法 健康的にやせる 基礎代謝を上げる 免疫を高める 危険な習慣 認知症を予防 腸内環境を整える