様々なミネラルウオーター

硬度が低く、日本人には飲みやすいフランス産のボルヴィック(Volvic)

 

飲みやすいフランス産のボルヴィック 
 
ヴィッテルの水質:「無殺菌、硬度49.1、PH7.0」 産地:フランス
 
           Ca 9.9mg/L、Mg6.1mg/L、Na9.4mg/L、k 5.7mg/L

 

ボルヴィック(Volvic)は、ナチュラルミネラルウォーターのブランドです。
 
硬水がほとんどのヨーロッパにあって、硬度が49.1の軟水のミネラルウォーターです。
 
ミネラルウォーターでは軟水に分類され、和食や日本茶に適しており、輸入のミネラルウォーターの中でも人気の高さを誇っています。
 
フランスのオーヴェルニュにある約4,000ヘクタールに及ぶ水源地は国立公園の中にあり、厳重な環境保護がなされています。程よいミネラルをバランス良く含んでおり、口当たりも良く非常に飲みやすい特徴があります。
 
ボルヴィックは、公益財団法人日本ユニセフ協会支援企画「1L FOR 10L」プログラムを毎年開催しています。
 
ボルヴィック1リットル購入につきアフリカに10リットルの清潔な水が贈ることを目標とした企画です。
 
発展途上国では、安全な水を確保できないため、5才未満の子ども達が毎日5000人死亡しています。(ユニセフの発表)
 
インドでは、トイレの普及率がとても低く、外で排尿や排便をするため、取水源を直接汚染しコレラや赤痢が流行しています。
 

国は野外で用を足している人に対して、「you stop we stop」と書かれたタンクローリーから、強烈な勢いで放水し止めさせようとしています。
 
トイレが普及していないのに果たして、これで効果があるのでしょうか?大変疑問です。
 
過去にボルヴィックは、ボトリング中にカビが混入したり日本への輸送の際にコンテナの壁塗料がボトルにしみ込んで異臭を発して57万本の自主回収の措置が取られたことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

日本のミネラルウォーターの衛生面と水質管理
日本のミネラルウォーターの種類と外国のミネラルウォーターとの違い、衛生面や管理状態などに注意を払っています
ミネラルの働きと水や食べ物
ミネラルウォーターには体に必要なミネラルが含まれています。ミネラルは必要不可欠な元素ですが過剰な摂取は体にとって有害になります
ミネラルウォーター選びのポイント
様々なミネラルウォーターがありますが、ミネラル成分や硬度によって味覚も違います。選ぶ時には何を基準にしたら良いでしょうか
日本に多い軟水とヨーロッパに多い硬水
日本と海外のミネラルウォーターの違いは。軟水と硬水、硬度の算出とその種類などを紹介します
日本のミネラルウォーターの基準と危険性
日本のミネラルウォーターは細菌やカビ、プラスティック片の混入などが相次ぎました。水道水と違って水質の衛生基準を定めた法律がありません。
硬度が高いコントレックス
ヨーロッパでは高度の高いコントレックスが人気です。日本でも女性を中心に人気のミネラル水で、特にダイエットをしている方が飲まれています
日本で知名度が高いヴィッテル
ヴィッテルはフランス北東部ヴォージュ山脈の麓に位置するヴィッテル村まれたミネラルウォーターでフランス政府が公認しています