様々なミネラルウオーター

日本でも認知度の高いヴィッテル

 
日本でも認知度の高いヴィッテル 
 
ヴィッテルの水質:「無殺菌、硬度307.1、PH7.5」 産地:フランス
 
           Ca 91.0mg/L、Mg19.9mg/L、Na7.3mg/L、k -
 
 
日本でも認知度の高いヴィッテルは、硬水の銘柄の輩出国でもあるフランス政府に1903年に「公益の水」として認可されています。
 
「ヴィッテル」はフランス北東部ヴォージュ山脈の麓に位置するヴィッテル村まれたミネラルウォーターです。
 
ヴィッテルの命名のきっかけはとても古く、紀元1世紀まで遡ります。
 
それは、ローマ時代のこと当時皇帝であった「ヴィテリウス」がこの水源の地を訪れ、湧き出る水を使い、休息したことから、この皇帝の名前にちなんで「ヴィッテル」という地名がつけられたと伝えられています。
 

ヴィッテルには、豊富なミネラル分が含まれており、カルシウム、マグネシウムなどがイオン化して含まれているので体への吸収が良い硬水です。
 
飲みやすく世界80か国以上の国々で愛飲されています。
 
日本には、1986年に輸入されナチュラルミネラルウォーターとして発売されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

日本のミネラルウォーターの衛生面と水質管理
日本のミネラルウォーターの種類と外国のミネラルウォーターとの違い、衛生面や管理状態などに注意を払っています
ミネラルの働きと水や食べ物
ミネラルウォーターには体に必要なミネラルが含まれています。ミネラルは必要不可欠な元素ですが過剰な摂取は体にとって有害になります
ミネラルウォーター選びのポイント
様々なミネラルウォーターがありますが、ミネラル成分や硬度によって味覚も違います。選ぶ時には何を基準にしたら良いでしょうか
日本に多い軟水とヨーロッパに多い硬水
日本と海外のミネラルウォーターの違いは。軟水と硬水、硬度の算出とその種類などを紹介します
日本のミネラルウォーターの基準と危険性
日本のミネラルウォーターは細菌やカビ、プラスティック片の混入などが相次ぎました。水道水と違って水質の衛生基準を定めた法律がありません。
硬度が高いコントレックス
ヨーロッパでは高度の高いコントレックスが人気です。日本でも女性を中心に人気のミネラル水で、特にダイエットをしている方が飲まれています
硬度が低く日本の軟水に近いボルヴィック
フランス中部のオーヴェルニュ地方で採取される。フランス産では珍しく硬度が低くミネラルウォーターです。日本の軟水に近いボルヴィック。