様々なミネラルウオーター

日本に多い硬水とヨーロッパに多い軟水

 

日本に多い硬水とヨーロッパに多い軟水 

 

水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって硬水と軟水に分類されます。
 
硬度の算出には2種類あります。
 
ひとつがドイツ硬度で酸化カルシウムを基準として、その量を算出します。酸化マグネシウムも酸化カルシウムに換算します。
 
もう一つがアメリカ硬度でカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウムに換算して表します。
 
ドイツ硬度1度はアメリカ硬度17.8ミリグラム/Lに相当します。
 
 
日本では、ドイツ硬度が使われる事が多いようです。
 
ドイツ硬度で200ミリグラム/L以上、つまり200度以上の水を硬水、200未満の水は軟水となります。
 
日本の河川の水や地下水は硬度が50以下の硬度が低い軟水です。

 
兵庫県の西ノ宮の井戸から湧出する水は宮水と呼ばれ酒造に使用されていますが、高度が150度程度と日本の水の中では高めですが、それでも硬水の硬度には及びません。
 
世界に目を向けるとヨルダン川やコロラド川の硬度が最も高く700度前後、イギリス、スコットランドのネッシーで有名なネス湖の湖水が20度前後の軟水となっています。
 
硬度の違いは、その水源地や周辺の地層の違いや山々の形状にも左右されます。
 
海外旅行に行ってレストランやホテルで日本と同じ様に水を飲んで下痢を起こした話は枚挙にいとまがありません。
 
下痢の原因には、2通り考えられますが、東南アジアや中東なでの場合は、水に含まれていた雑菌の可能性が高いでしょう。
 
ヨーロッパだと普段飲み慣れない硬度の高い水が原因の可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

日本のミネラルウォーターの衛生面と水質管理
日本のミネラルウォーターの種類と外国のミネラルウォーターとの違い、衛生面や管理状態などに注意を払っています
ミネラルの働きと水や食べ物
ミネラルウォーターには体に必要なミネラルが含まれています。ミネラルは必要不可欠な元素ですが過剰な摂取は体にとって有害になります
ミネラルウォーター選びのポイント
様々なミネラルウォーターがありますが、ミネラル成分や硬度によって味覚も違います。選ぶ時には何を基準にしたら良いでしょうか
日本のミネラルウォーターの基準と危険性
日本のミネラルウォーターは細菌やカビ、プラスティック片の混入などが相次ぎました。水道水と違って水質の衛生基準を定めた法律がありません。
硬度が高いコントレックス
ヨーロッパでは高度の高いコントレックスが人気です。日本でも女性を中心に人気のミネラル水で、特にダイエットをしている方が飲まれています
日本で知名度が高いヴィッテル
ヴィッテルはフランス北東部ヴォージュ山脈の麓に位置するヴィッテル村まれたミネラルウォーターでフランス政府が公認しています
硬度が低く日本の軟水に近いボルヴィック
フランス中部のオーヴェルニュ地方で採取される。フランス産では珍しく硬度が低くミネラルウォーターです。日本の軟水に近いボルヴィック。