免疫を活性化させる方法手段

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   


 

ヨモギには強い抗がん作用があることが研究の結果わかった 

 

ヨモギには、強い抗がん作用があることがわかりました。
 
ヨモギに含まれる成分が、癌細胞だけを選択的に死滅させ、抗がん剤よりも34,000倍も正確にがん細胞だけを死滅させる作用があると、ワシントン大学のヘンリー・ライ博士の研究チームが報告しています。
 

ヨモギは漢方として使われている

 

ヨモギは、キク科ヨモギ属の多年草で道端などいたるところに自生しています。
 
ヨモギは、日本でも昔から灸の「もぐさ」としても使われてきました。
 
中国で古くから漢方薬として利用され、止血、止瀉薬など効果があります。
 
子どもの頃、外でケガをした時に、自生のヨモギの葉っぱで止血治療をしていました。
 
ヨモギの葉を、両手や表面が滑らかな石の上でしごいき、エキスを傷口に付けて止血したものです。
 
また、高齢者はお灸の治療として利用していました。

 

 

ヨモギには豊富な栄養素が含まれている

 

ヨモギに含まれいる「アルテミシン」に抗がんん作用がある 

 

ヨモギ餅は、一般的に知られています。
 
ヨモギの葉には、独特の香りがあり、春先につんだ新芽を天ぷらやおひたしにして、食べる習慣もありました。
 
ヨモギには、様々な栄養素が含まれています。
 
その代表的な成分は、ビタミン、β‐カロテン、葉緑素、食物繊維、たんぱく質、カルシウム、鉄、葉酸など多岐にわたります。
 
ヨモギの強い抗がん作用の成分は、「アルテミシン」といわれる成分です。
 
中国では、千年以上前から皮膚病やマラリアなど、さまざまな病気の治療に使用されてきた歴史があります。

 

ヨモギに含まれる「アルテミシニン」に強い抗がん作用

 

がん細胞は、免疫細胞からの攻撃を避けるために鉄を吸収する性質があります。
 
免疫細胞は、活性酸素を使ってがん細胞を攻撃するため、がん細胞は、鉄を吸収することで、活性酸素を中和して攻撃を防ぐのです。
 
ヨモギには、既に豊富な鉄分が含まれています。
 
ワシントン大学のヘンリー・ライ博士の研究チームは、アルテミシニンが、がん細胞を死滅させる作用を更に高める方法を研究し成功しました。
 
がん細胞が鉄分を吸収する性質に着目し、アルテミシニンと鉄分を結合させた化合物を開発したと発表しています。
 
がん細胞は、鉄に引かれて、化合物ごと細胞内に吸収します。
 
吸収後、強い抗がん作用があるアルテミシニンががん細胞の中から効率よく働き、内部からがん細胞だけを破壊する仕組みです。
 
一刻も早く臨床試験を終えて、抗がん剤として、普及してほしいものです。
 
ヨモギを使った食品やヨモギそのものを摂取することで、様々な健康効果があると考えられます。
 
マクロファージを活性化させて免疫を高める食べ物 


このエントリーをはてなブックマークに追加   


 

関連ページ

唾液の分泌を増やして免疫力を上げる簡単な方法
唾液はウイルスや細菌を殺傷する免疫細胞が含まれていて口の中の病原菌やウイルスを殺菌します。唾液は虫歯や歯周病の予防にも貢献しています
レモンの皮には強力な抗がん作用と殺菌作用
レモンにはリモノイドと呼ばれる免疫力を高める成分が多く含まれていてウイルスや細菌、がん細胞を殺傷してくれる作用が確認されています
インフルエンザ予防は水分補給で線毛活動促進と寝起きの歯磨き
インフルエンザ予防には医者も勧める水分補給が重要です。線毛活動を促進させてウイルスを排除しましょう。また寝起きの歯磨きでインフルエンザの予防しましょう
キリンのプラズマ乳酸菌の水 効果と味の口コミ
プラズマ乳酸菌の水に入っている「pDC」(プラズマサイトイド樹状細胞)は、ウイルスに対する攻撃から防御まで幅広い免疫機能の役割を担っているため、対ウイルス免疫には欠かせない存在と云われています。プラズマ乳酸菌の水の効果と味の口コミ
プラズマ乳酸菌の水 評判と効果、体験談
プラズマ乳酸菌の水の評判と効果の体験談です
プラズマ乳酸菌とR-1乳酸菌の免疫作用の違い
「プラズマ乳酸菌」や「R-1乳酸菌」は免疫作用の向上が実証されており、今後大きく取り上げられるでしょう
ネギの美肌とアンチエイジング、免疫力増強効果
ネギには、ニンニクと同じ成分が含まれており、免疫力を高める作用の他にメラニン色素を抑え美肌やアンチエイジング効果があります
鳥取大学・核酸分子でがん克服近し、がん細胞を正常細胞へ戻す
ようやく、がんを制圧できる時代がやってきました。鳥取大学の研究で核酸分子を使ってがん細胞を正常細胞へ戻すことに成功しました
免疫を高めコラーゲンを活性化する高濃度酸素水
コラーゲンを活性化させるのは酸素の役割といわれています。酸素が不足すると肌の老化につながることになります
がん細胞を増殖させるタンパク質「TOPK」を抑制する化合物を発見
がん細胞の増殖を抑える化合物が発見されてマウスの実験でがん細胞が消滅しており、がんの有望な治療になる可能性があります
柑橘系果物は抗酸化・抗がん・アンチエイジング作用が強い
レモンやみかんなどの柑橘系の果物は種類がたくさんありますが、抗酸化・抗がん・アンチエイジング作用があることが報告されています。意識して食べましょう
セロトニンを増やせば心の安定と幸福感が増す
幸福ホルモンと呼ばれているセロトニンを増やせば心の安定と幸福感が得られます。セロトニンを増やす生活習慣や食事習慣をご紹介
緑黄色野菜で免疫力を高め自己防衛力を増強
緑黄色野菜や果物、魚介類にはで免疫力を高め自己防衛力を増強する第7の栄養素フィトケミカルが豊富に含まれています。免疫力増強の他にもお肌の美容効果もあます
シイタケ菌糸体に免疫力を高める作用
シイタケ菌糸体には、免疫力を高めるβグルカンのほかにαグルカン、シリンガ酸、バリニン酸、アラビノキシランなど多くの有効成分が含まれています.。摂取したい場合は、シイタケ菌糸体のサプリメントが販売されています
ストレスが続くと免疫力が低下するメカニズム
ストレスは免疫力を低下させて命にも危険が及びます。メカニズムを知って栄養のバランスとリズムのある生活習慣を身につけましょう
継続的な運動は前立腺がんを予防|階段一段抜かし
継続的な運動は前立腺がんを予防することが分かっています。普段の生活の中で運動を取り入れるのに階段の一段抜かしをお勧めします
マスクの予防効果は低い|ウイルス・細菌・花粉
マスクではインフルエンザウイルス、細菌、花粉など予防効果は低いと報告されましたが、マスクの装着の仕方で漏れ率も大きく改善する可能性があります
線虫はがんのにおいを好む 早期がん発見の感度90%
九州大学は、がんのにおいを好む線虫を活用して尿1滴で早期のがんも含めて高感度に短時間で発見できる方法を開発しがん検診への応用の期待が高まっている
がん細胞が動く仕組み解明|転移抑制への治療に期待
がん細胞が動く仕組み解明され転移抑制への治療に期待がもたれています
男性ホルモン強いと男性型脱毛症と前立腺がんの危険性
男性ホルモンが強いと男性型脱毛症となり、ホルモンの影響で前立腺がんの危険性が高まることが解明されました
生命保険・がん保険の必要性 定期的に見直しを
生命保険・がん保険の必要性 定期的に見直しをしましょう
潰瘍性大腸炎などを防ぐ、タンパク質「SAP-1」
潰瘍性大腸炎などを防ぐタンパク質「SAP-1」が腸内に存在していることが解明されました。新薬の開発が待たれます
酒かすと焼酎で「マイかす床」をつくりましょう
アミノ酸が豊富な酒かすと焼酎で作るかす床に人気が集まっています。かす床の作り方は簡単です。トライしましょう
老化に伴う加齢黄斑変性の予防にオリーブオイルに効果
老化に伴う加齢黄斑変性の予防にオリーブオイルに効果があります
ノロウイルスを99%防ぐ渋柿タンニンのパワー
ノロウイルスを99%防ぐ渋柿タンニンのパワーのご紹介します
和食で腸内環境を改善し健康寿命を延伸しましょう
日本に昔から伝わる和食には腸内環境を改善して健康寿命を延伸する作用があります
がん予防には朝型で睡眠を充実させて免疫正常化
睡眠を朝型にして規則正しくすれば免疫力が向上しがんも予防できる可能性が高まります
夏バテを予防して免疫を高める夏野菜
夏野菜にはシミを防ぐ抗酸化作用のある成分が多く含まれています。また夏バテを予防して免疫を高める野菜がたくさんあります
わさびスルフィニルの抗酸化・解毒・抗がん作用
日本のわさびに含まれているスルフィニルには抗酸化作用や解毒作用、抗がん作用などが確認されています。西洋わさびには効果がありません
既存薬が他の疾患にも効果 ドラックリポジショニング
既存薬が他の疾患にも効果を発揮するドラックリポジショニング、他の病気に効果がある薬が他の病気にも効果を発揮するのです。いち早く患者に薬を届けることができる
楽天主義は感染症の死亡リスクを52%も減少 研究結果
楽天主義で笑いが絶えない人は感染症による死亡リスクを52%も減って、がんや心臓疾患、脳卒中、呼吸器疾患でもリスクが大幅に低下することがわかりました
ビタミンDは免疫力を高めがん予防効果/多く含む食べ物
ビタミンDは免疫を向上してがんなどの疾患の予防する必須のホルモンです。ビタミンDの不足、欠乏は生活習慣病の原因、ビタミンDを多く含んでいる食べ物もご紹介します

若返り法 健康的にやせる 基礎代謝を上げる 免疫を高める 危険な習慣 認知症を予防 腸内環境を整える