体の免疫システムのお話し


このエントリーをはてなブックマークに追加   


 

第一段階 MHCクラスU分子から抗原提示を受ける

 

ヘルパーT細胞が活性化するには、まず第一段階として樹状細胞やマクロファージなどからMHCクラスU分子を介して抗原提示(病原体の断片を受け取る)が必要です。
 
ヘルパーT細胞は血液中に存在して全身をくまなく巡回していますが、リンパ節や脾臓にも存在しています。
 
ヘルパーT細胞は、マクロファージやB細胞、キラーT細胞などの実働部隊を活性化させる司令塔的な役割も担っています。
 
マクロファージや樹状細胞、B細胞などの貪食細胞は食べた病原体などの断片を「MHCクラスU分子というたんぱく質の両手」にのせてヘルパーT細胞に抗原提示をします。
 
この時ヘルパーT細胞の表面に糖タンパクの細胞表面抗原の1つであるCD4が補助的に働くことで、ヘルパーT細胞は抗原提示されたものを認識することが出来ます。
 
しかし、これだけではまだヘルパーT細胞は活性化しません。

 

   

 

第二段階 CD28とCD86が結合すること

 

第二段階として、ヘルパーT細胞の表面にあるたんぱく質CD28とマクロファージなどの抗原提示をした細胞表面にあるたんぱく質CD86が結合する必要があります。
 
CD28とCD86の結合がなければヘルパーT細胞は反応しません。
 
これをアナジー(anergy)=無反応といいます。
 
ヘルパーT細胞が活性化すると表面のCD4がシグナルを送りキラーT細胞表面にあるCD8細胞が刺激を受けて活性化し病原体を破壊します。
 
また、ヘルパーT細胞だけがB細胞へ抗体産生の指令を出すことができます。
 

   

 

Th1とTh2のアンバランスでアレルギーが起こる

 

ヘルパーT細胞には、1型ヘルパーT細胞(Th1)や2型ヘルパーT細胞(Th2)などがあります。

 

1型ヘルパーT細胞(Th1)

 

1.マクロファージやナイーブキラーT細胞を活性化させる。
 
2.抗原特異的にB細胞を活性化して、IgG抗体産生を促す。
 
3.インターフェロンγと呼ばれるサイトカインを放出して免疫細胞を活性化させる。

 

2型ヘルパーT細胞(Th2)

 

1.抗原特異的にB細胞を活性化してIgG抗体産生を促す。
 
2.好中球を活性化する。
 
3.インターロイキン4と呼ばれるサイトカインを放出して免疫細胞を活性化させる。

 

 

Th1細胞とTh2細胞の作用のバランスが崩れると自己免疫疾患やアレルギーなどを引き起こすと考えられてきました。
 
その理由としてTh1細胞とTh2細胞は、お互いに相反する働きをしており相互に対立する関係があると考えられているからてす。
 
例えば、Th1細胞が放出するインターフェロンγはTh2細胞の働きを阻害します。
 
また、Th2細胞が放出するインターロイキン10はTh1細胞の働きを阻害します。
 
このお互いの作用のバランスが崩れて、仮にTh2細胞の働きが優位になるとB細胞のIgE抗体の産生が多くなって花粉症などのアレルギーを引き起こすと考えられてきました。
 
Th1細胞の働きを優位にすることがアレルギーの予防につながります。
 
Th1細胞の産生にはグラム陽性菌が働き、Th2細胞の産生にはグラム陰性菌が働くことから、乳酸菌やビフィズス菌などのグラム陽性菌を摂取すると、Th1細胞の産生を促進させてアレルギーを抑える効果があることが報告されています。
 
しかし、Th17細胞が2005年に新たに発見されたことで、これまでのTh1細胞とTh2細胞のバランスの概念で説明されていたものが、実際にはTh17細胞も関与していた可能性が浮上しており、さらに複雑化しそうな様相を呈しています。

 

17型ヘルパーT細胞(Th17細胞)

 

新らたに発見された免疫の流れです。
 
Th17は好中球の集積を促す作用があります。
 
また、腸管の上皮組織に働きかけて細菌に対する防御物質の抗菌ペプチドを腸管内に分泌させる働きがあります。
 
さらにTh17細胞はインターロイキン17と呼ばれるサイトカインを放出して免疫細胞を活性化させナイーブキラーT細胞を活性化させることもわかってきました。

 

新たに発見されたTh17細胞の存在が、Th1細胞とTh2細胞のバランスにも何らかの形で関与している可能性があることから研究がすすんでいます。
 
Th17が加わり、Th1、Th2の3種類のヘルパーT細胞が発見されていますが、さらに別のタイプの存在も報告されています。

 

   

 

HIVはヘルパーT細胞にあるCD4に狙いをつける

 

エイズウイルスであるヒト免疫不全ウイルス (HIV)は、免疫の司令塔的な役割を担っているヘルパーT細胞に狙いをつけて攻撃をします。
 
エイズウイルスが、ヘルパーT細胞にあるCD4の機能を奪うことで、キラーT細胞やB細胞を活性化することができなくなり免疫不全となるのです。
 
エイズウイルスは、人の体内で生き続け子孫を残すために人の免疫細胞をコントロールしているわけです。
 
エイズウイルスが急激に増殖すれば人も死に至りますが、エイズウイルス自身も死滅してしまいます。長く生存するために考え出した方法が感染先の人の免疫細胞をコントロールすることなのでしょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   


 

スポンサードリンク

 

関連ページ

細菌やウイルスから体を守る腸管免疫と粘膜免疫
免疫とは、感染症から免れるための生体防御システムです。免疫は、第一段階として自己と非自己を識別し、次の段階で非自己と認識した物体を排除するシステムです。細菌やウイルスから体を守る腸管免疫と粘膜免疫の説明です
自然免疫マクロファージとは?食べ物が健康長寿の秘訣
自然免疫のマクロファージを元気にする食べ物を知っておきましょう。健康長寿のための秘訣です。LPSが付着している食べ物のご紹介します。
NK細胞はがん細胞を速攻で殺傷 活性化する食べ物
NK細胞のがん細胞の傷害の仕組みとがん細胞の発生、コーリーの毒、またNK細胞を活性化する食べ物や生活習慣などのご紹介
樹状細胞はT細胞を活性化する免疫の司令塔の役割
免疫とは、感染症から免れるための生体防御システムです。免疫は、第一段階として自己と非自己を識別し、次の段階で非自己と認識した物体を排除するシステムです。樹状細胞はT細胞を活性化する免疫の司令塔の役割をになっています
免疫グロブリンの種類と働き
免疫グロブリンには「IgG、IgM、IgA、IgD、IgE」の5つのクラスに分類されていますが働きと特徴、また免疫グロブリンの基準値と異常値の場合に想定される疾患をご紹介
アレルギーは免疫のバランスが大切だけど何故か知っているかい?
Th1は細菌やウイルスを担当している免疫細胞、Th2は花粉などのアレルゲンに対応していますがTh2が過剰に反応することでアレルギーがおこります。Tレグ細胞はこのバランスを制御します。
光免疫療法はがん細胞を消滅させる治療 制御性T細胞を破壊
光免疫療法は近赤外光線免疫療法と呼ばれ免疫の働きを妨害をする問題の制御性T細胞を破壊して転移したがん細胞も消滅させる強力な治療です。臨床試験を経て数年先には実用化される見込みです
CAR-T遺伝子治療のメカニズム/臨床結果・実績
がんの最前線治療としてCAR-T遺伝子療法が注目されています。たった一度の治療で効果が永続的に続くため、患者に負担がかからない治療です
ウイルスの殻(VLP)にがん抗原を付けた「がんワクチン治療」
がんの完治治療として、ウイルスの殻(VLP)にがんの抗原を付けて、体内に注入することで体内にがんに対する抗体を作る「がんワクチン治療」が開発されています
アレルギーは皮膚から、生後6か月までに保湿で予防しましょう
アレルギーは皮膚から侵入したアレルゲンが引き金になって起こります。生後6か月までに肌の保湿を確りすることでその後のアレルギーやアトピー性皮膚炎を予防しましょう
強毒型新型H5N1インフルエンザとパンデミック
強毒型新型H5N1型インフルエンザが引き起こすパンデミックは歴史的に人類に大きな影響を及ぼしてきました。感染症と免疫の関係からインフルエンザウイルスを説明しています
ノロウイルスの予防と症状、感染は飛沫・手から口へ
ノロウイルスは人の小腸のみで増殖するウイルスです。感染は口から入って成立します。飛沫感染や手から口へと運ばれて感染します。手洗いをしっかりすることが予防や対策となります
デング熱の知恵袋 知っておきたい症状と予防法
2014年の夏に代々木公園で蚊に刺された女子高生がデング熱を発症して問題となりました。デング熱の症状と予防法についてご紹介します
ジカ熱の知恵袋 新生児に小頭症や神経異常 性感染も
ジカ熱はネッタイシマカやヒトスジシマカが媒介する感染症で新生児の小頭症や神経異常を引き起こします。性感染も報告されています
注意「マダニに噛まれたら」感染症の種類や症状と予防対策
マダニ感染症の「SFTS 」は発熱や頭痛、吐き気、下痢、筋肉痛、意識障害などが起こり、死亡率が30%にも及ぶ怖い感染症です。症状と予防対策を知っておきましょう
エボラウイルスが広まった経緯と症状 致死率が高い
アフリカの風土病であったエボラ出血熱が諸外国に広まった経緯とエボラウイルスの症状と致死率が高いことについて

若返り法 健康的にやせる 基礎代謝を上げる 免疫を高める 危険な習慣 認知症を予防 腸内環境を整える