水素水の基礎知識

 

水素水で代謝を上げてメタボ解消 
 
加齢とともにエネルギー代謝が下がり、肥満やメタボになり易くなります。

メタボになると善玉ホルモンのアディポネクチンの分泌が低下して、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を招く原因にもなります。
 
メタボの原因である内臓脂肪は皮下脂肪と比較すると溜まりやすく減りやすい特徴があります。
 
運動の習慣を取り入れることで、早い段階で内臓脂肪を減らせることも分かってています。
 
代謝を上げることで、内臓脂肪を減少させてメタボを解消することができるのです。

 

水素水でミトコンドリアを活性化すれば代謝が上がる

 
水素水でミトコンドリアを活性化すれば代謝が上がる 
 
体は、約60兆個の細胞で構成されています。
 
ミトコンドリアは、全ての細胞の中に存在し人が生きるために必要なエネルギーを作っています。
 
ミトコンドリアは、細胞に取り込まれた脂質や糖質を分解してエネルギーの源となるアデノシン三リン酸(ATP)を作り出しますが、このエネルギーを作る過程で副産物として生成されるのが活性酸素です。
 
適度な活性酸素は、細菌やウイルスなどの有害物を殺菌して人体に有用な働きをしています。しかし、活性酸素が過剰に作られると細胞を傷つけ体の老化につながります。
 
過剰に作られた活性酸素のみを除去する抗酸化作用を発揮するのが水素なのです。
 
水素は体に悪い働きをする活性酸素はだけを狙い撃ちして除去する素晴らしい作用があることが分かりました。

 

水素でミトコンドリア活性が3割増

 
素の健康効果については、マウスなどの動物実験データを含めると400以上も報告されています。また、臨床実験については10以上の発表があります。
 
最近では、水素はエネルギー代謝を上げてホルモン分泌を調整する働きが報告されています。
 
マウスを使った研究で、食欲を制御できず食べ続けるマウスに水素水を飲ませたところエネルギー代謝が上がりスリムになるという結果が報告されています。
 
このようにマウスの実験で、水素はミトコンドリアを活性化させてエネルギー代謝を上げる結果が得られています。
 
ミトコンドリアが活性化するとATPが3割も増加し、効率的にメタボの原因である内臓脂肪を減少させることができると考えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 



 
スポンサードリンク
 

関連ページ

水素水は体内の活性酸素を抑える
生活から切っても切り離せない水、雨水から飲料水までの、様々な水の状態や情報を知ることで、生活に役立てましょう。水素水は体内の活性酸素を抑える作用のご紹介
水素水のアレルギー疾患・アトピー性皮膚炎抑制効果
水素水の健康や美肌美容の効果についての基礎知識をもっておきしょう。水素水のアレルギー疾患やアトピー性皮膚炎の抑制効果のご紹介
水素水は乳酸菌を増やし腸内フローラを整える
水素水の健康や美肌美容の効果についての基礎知識をもっておきしょう。水素水は乳酸菌を増やし腸内フローラを整える機能のご紹介
水素水はダイエット臭や加齢臭に効果
水素水の健康や美肌美容の効果についての基礎知識をもっておきしょう。水素水はダイエット臭や加齢臭に効果が期待されています
水素水は体の細胞を守るアンチエイジング効果
水素水の健康や美肌美容の効果についての基礎知識をもっておきしょう。水素水は体の細胞を守るアンチエイジング効果が報告されています