スポンサードリンク
 

PM2.5と黄砂の飛散情報と対策と予防法で

 

春先からの偏西風により飛来するPM2.5と黄砂は、体内に入ると健康被害をもたらします。

 

経済発展最優先の中国では、国家を挙げて環境規制をする様子はありません。

 

例えば、車の排ガス基準にしても日本の10倍も緩い状況です。

 

また、PM2.5より更に微小なPM0.5が問題視されています。肺の奥まで侵入し、最終的には血液にまで入り込み、重大な病気を引き起こす危険性が指摘されています。

 

日本への飛散を水際で拒否することは困難ですので、日々の飛散状況を知り、対策と予防をしましょう。

 

 

▼PM2.5と黄砂の飛散情報

日本各地の飛散予想 関西の飛散予報

過去の黄砂の飛来日数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の主要都市の今日
のPM2.5と黄砂の飛散
情報を提供

関西中部四国地区の今
日のPM2.5と黄砂の飛
散情報を提供

過去10年間の日本各
地への黄砂の飛来日数
の記録

 

 

▼PM2.5と黄砂の危険性

 

 

 

PM2.5と黄砂

花粉に付着すると破裂

 

 

 

 

PM2.5

 

 

 

 

PM2.5

 

PM2.5と黄砂が結合すると
NPAHという発がん性
物質を生成します

花粉にPM2.5や黄砂が付く
と表面変化で破裂し肺胞に
達します

 

 

 

 

 

▼PM2.5と黄砂の対策と予防法

 

PM2.5と黄砂の対策

PM2.5と黄砂の予防法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏西風により飛散して来る
PM2.5と黄砂の対策につい
て情報を発信しています

偏西風により飛散して来る
PM2.5と黄砂を体内に取り
込まないように予防しましょう

 

 

 

▼微小粒子状物質PM0.5とは

 

PM2.5より微小なPM0.5

 

 

 

 

 

PM2.5より更に小さいPM0.5
は血液にまで入り込む危険な
微小粒子状物質

 
スポンサードリンク